好印象メイクに使いたいマスカラ下地、アイブロウパウダー、ブラウンアイシャドウ
bookmark_off

マスクメイクにプラスワン!華やかさをオンして好印象に

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.06.15
マスクをしていると、なぜかすっぴんに間違えられたり、暗い印象を与えてしまうこともあるかもしれません。 顔の上半分のメイクをほんの少し工夫するだけで、一気に印象を変えることができますよ!
ラメアイシャドウ×ボリュームマスカラで華やかEye
アイブロウで抜け感をプラス
表情を引き立てる立体フェイスはハイライトで

ラメアイシャドウ×ボリュームマスカラで華やかEye

<CLIO>プロ シングル シャドウ
口元や頬が見えにくい今、アイシャドウはラメ入りのものを選び、華やさをプラスして。 “ひと塗りでプロ級のドラマチックEYE”をキャッチコピーとした『CLIO(クリオ)』の「プロ シングル シャドウ」。指でササッとまぶたにONするだけで印象的な瞳へと導いてくれます。ズボラな方やメイク初心者にもおすすめのアイテムです。 G10 パールフェクションは、ベースのベージュに繊細なゴールド・ホワイト・ピンクパールを配合。どんなアイシャドウとも相性が良いので、いつものアイメイクにプラスワンするだけでOK。
<perirera>インク セッティング マスカラ フィクサー
まつ毛をしっかりと上げる事で、目の縦の幅を大きく見せる事が出来ます。しかしマスク生活では、湿気の影響でせっかく上げたまつ毛は下がってしまいがち。入念にカールキープ対策をしましょう。 『peripera(ペリペラ)』の「インク セッティング マスカラ フィクサー」は、マスカラ下地として、またマスカラを塗り終えた後のトップコートとしても使用出来る万能アイテムです。 ダマになりにくく、乾きやすいのはもちろんのこと、白濁化しにくいのが最大の魅力。半透明のグレーカラーで、まつ毛に馴染みやすくなっています。ブラシは細めで、1本1本を綺麗にコーティング。

アイブロウで抜け感をプラス

<VINTORTÉ>ミネラルグロウハイライト
顔の印象を最も左右する眉毛。眉毛は形だけでなく、カラーによっても大きく印象が変化します。マスクメイクでは、赤みのある明るいカラーのアイブロウを使用する事で、抜け感をプラスするのがベスト。 『Celvoke(セルヴォーク)』の「インディケイト アイブロウパウダー」は、絶妙な配色がポイントのアイブロウパウダー。07 ラセットブラウンは赤みがかったブラウンベースのカラーです。明度が高く、顔全体をパッと明るい印象に。見た目は鮮やかですが、ふんわりと発色するので肌馴染みも抜群。 アイブロウパウダーでありながらパールが配合されているのもポイント。ほんのりと輝き、軽やかさを演出します。 ー <Celvoke>インディケイト アイブロウパウダー/3,850円(税込)

表情を引き立てる立体フェイスはハイライトで

<VINTORTÉ>ミネラルグロウハイライト
おでこ・鼻の付け根・目頭など、光が当たりやすい部分にはマストでハイライトを入れましょう。また目の横のCゾーンもマスクが被らない部分に微調整をしながら入れる事で、横顔美人に。 『VINTORTÉ(ヴァントルテ)』の「ミネラルグロウハイライト」は内側から輝くような上品なツヤ肌へと導いてくれます。クリーミィなテクスチャーでありながら、肌にのせるとサラサラに。潤いが長時間続くのも嬉しいポイント。 2色のカラーの中でも、マスクメイクに使いたいのはピーチゴールド。明るめのシャンパンカラーで、華やかな仕上がりを叶えます。
メイクの完成系のスウォッチ画像

関連コラム