ハイライトとシェーディングを集めた画像

瞬時に小顔!? ダイエットをしなくてもメイクで痩せ見えしよう

bookmark_off
lacore編集部
lacore編集部
Editor
メリハリをつけ、メイクに立体感をもたらすシェーディングとハイライト。すぐにシュッとした小顔に見せる事が出来ます。
シェーディングのコツ|顔の形に合わせてメリハリを
おすすめのシェーディングアイテム
ハイライトのコツ|光を集めて立体感をプラス
おすすめのハイライトアイテム

シェーディングのコツ|顔の形に合わせてメリハリを

◆丸顔の場合

顔の縦のラインを意識してシェーディングを入れると◎。顎先からおでこの側面まで、シャープに入れて引き締めます。頬骨に沿って影を入れれば、メリハリのある骨格に見せる事が出来ます。

◆面長の場合

顔の横のラインを意識するのがポイント。おでこの髪の生え際と顎先に、横長にシェーディングを入れて、顔の縦幅の距離を縮めて見せます。
丸顔と面長のシェーディングの入れ方のイラスト

おすすめのシェーディングアイテム

too cool for school アートクラス バイ ロダンシェーディング

too cool for school アートクラス バイ ロダンシェーディング の置き画像
韓国発の『too cool for school (トゥークールフォースクール)』。看板商品とも言えるのが「アートクラス バイ ロダンシェーディング」です。濃淡の異なる3色のシェーディングが入ったコンパクト。濃くつきすぎず馴染みが良いので、失敗しにくいのが魅力です。 3色をミックスしたり、それぞれ単色で使ったり出来ます。フェイスラインやノーズシャドウなど、パーツに合わせて使い分けるとより自然な仕上がりに。

VINTORTÉ ミネラルシルクシェーディングパウダー

VINTORTÉ ミネラルシルクシェーディングパウダー の置き画像
『VINTORTÉ(ヴァントルテ)』の「ミネラルシルクシェーディングパウダー」は、柔らかい発色が特徴。自然に馴染み、骨格を引き出してくれます。湿式処方で作られており、しっとりとしたテクスチャー。メイクに上品な立体感をもたらします。 ヘルシーな血色感をプラスするテラコッタカラーと、自然な陰影をつけるシェーディングカラーの2色入り。混ぜ合わせると、深みのあるオレンジに発色します。 テラコッタカラーは、もみあげから頬にかけて影を入れるのにピッタリ。チークのように自然に溶け込みながら、ナチュラルな陰影を演出します。

Fujiko フジコdekoシャドウ

フジコデコシャドウ/Fujiko の置き画像
おでこの生え際のシェーディングに特化。水を使っていないので汗や皮脂に強く、ピタッとフィックスしてくれます。 カラーは、肌色を問わず使いやすいニュートラルなブラウン。自然に馴染み、ハチ張りや面長といったコンプレックスを緩和させ、小顔を演出します。 小顔に見せたいときだけでなく、前髪を上げるときなど生え際を綺麗に見せたいときにもピッタリ。ガタつきやばらつきを綺麗に整えて、おでこのラインを美しく見せます。 パフが付いており、持ち歩きにも◎。付属のパフを使っておでこから頭皮に向かって塗れば、ナチュラルに仕上がります。

ハイライトのコツ|光を集めて立体感をプラス

基本の位置は、おでこの中央、鼻の付け根、目頭の横、鼻筋、頬骨、唇の山の上などです。それを踏まえた上で、自分の顔の形に合わせて入れ方を工夫するのが痩せ見えの鍵。

◆丸顔の場合

顎先にもハイライトを入れると◎。シェーディングと同じく、顔の縦のラインを意識するのがポイントです。顎先に頂点が来るよう、逆三角形にシャープに入れます。

◆面長の場合

シェーディングと同様に、横のラインを意識。目の下から頬骨の上まで横長に入れます。さらにこめかみにも入れると顔の横幅が際立ち、顔の縦幅を短く錯覚させる事が出来ます。
丸顔と面長のハイライトの入れ方の画像

おすすめのハイライトアイテム

VINTORTÉ ミネラルシルクハイライトヴェール

VINTORTÉ ミネラルシルクハイライトヴェール の置き画像
「ミネラルシルクハイライトヴェール」は、品のある光沢感を演出。内側から滲み出すような、美しいツヤをメイクにプラスします。 透明感を引き出すホワイトヴェールと、ほのかに血色感を与えるピンクパールの2色入り。どちらも繊細なパールが入っています。ギラギラしすぎず、上品に艶めきます。 ナチュラルメイクのときにはホワイト、ピンクメイクにはピンクパールというように、メイクに合わせて使い分ければ統一感のある仕上がりになります。2色をブレンドして使っても◎。 粒子が細かく、しっとりとした質感。粉飛びせず、肌にピタッと密着します。ブラシでサッとのせるだけで洗練された仕上がりに。
作成日2021.06.07

関連コラム