垢抜けない原因は“眉”にアリ!? 不器用さんでも失敗しない「垢抜け眉」の作り方
bookmark_off

垢抜けない原因は“眉”にアリ!? 不器用さんでも失敗しない「垢抜け眉」の作り方

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.05.29
眉は顔全体の印象を決める重要な部分。それゆえに、垢抜けない原因が「アイブロウメイク」にあることも。そこで今回は、数々のコスメやメイクについて研究してきた筆者が「不器用さんでも失敗しない垢抜け眉の作り方」についてご紹介します。
「垢抜け眉」を作るのに欠かせないアイテムって?
アイブロウペンシルを使って「眉毛の土台」を作る
1.スクリューブラシで毛の流れを整える
2.眉毛の位置を決め、形を作る
3.アイブロウペンシルで眉毛を描き足す
アイブロウパウダーを使って土台をぼかし、立体感を作る
4.アイブロウペンシルの土台を、アイブロウパウダーでぼかす
最後に眉毛を整えると、よりきれいに仕上がる
5.毛の長さを整えて、余分なムダ毛は処理する

「垢抜け眉」を作るのに欠かせないアイテムって?

アイブロウアイテム
今回ご紹介する「垢抜け眉」メイクに必要なのは、アイブロウペンシルとアイブロウパウダー。その他にも、スクリューブラシや眉カットばさみ、I字カミソリといったお手入れグッズも欠かせません!
そのため、メイクに入る前にまずは上記のアイテムをご準備ください。

アイブロウペンシルを使って「眉毛の土台」を作る

1.スクリューブラシで毛の流れを整える

スクリューブラシで毛の流れを整える
眉毛を描く前に、まずはスクリューブラシを使って毛の流れを整えましょう。
毛の向きにバラつきがあると、眉毛を描くときに左右のバランスが取りづらく、濃さにムラができてしまったり、毛のまとまり感や立ち上がり感に違いが出てしまいます。
スクリューブラシで毛の流れを整える
そのため、スクリューブラシを使って、毛の生えている方向に合わせて、眉頭は下から上に、眉中から眉山は横に、眉山から眉尻は斜め下に向かって整えましょう。

2.眉毛の位置を決め、形を作る

垢抜けない原因は“眉”にアリ!?… 不器用さんでも失敗しない「垢抜け眉」の作り方【後編】
次は、眉毛の位置を決めましょう。
顔の正面に鏡を持ち、ブラシやアイブロウペンシルなどを定規がわりに使いながら、小鼻から目頭の延長線上に「眉頭」、小鼻から黒目のふちの延長線上に「眉山」、口角から目尻の延長線上かつ眉頭の下よりも少し高い位置に「眉尻」が来るように、アイブロウペンシルで薄く印をつけましょう。
鏡は真正面の高さにする
ポイントは、2つ。
①鏡は真正面の高さにして確認しましょう。 ②鏡を少し遠ざけたうえで、左右の眉毛を見比べ、同じ位置&高さになるように意識しましょう。

3.アイブロウペンシルで眉毛を描き足す

『サナ ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01グレイッシュブラウン』
筆者はアイブロウペンシルに、『サナ ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01 グレイッシュブラウン』を使用しています。
アイブロウペンシルで眉毛を描き足す
アイブロウペンシルで眉毛を描き足す際のポイントは、2つ。
①黒目の内側から眉中は、毛の流れに合わせて下から上に描き足しましょう。 ②眉山から眉尻は、毛の流れに合わせて斜め下に向って、足りない部分に少しずづ線を入れるように描き足しましょう。
その際、塗りつぶすように描くのではなく、ペン先の力は抜いたうえでサッと線を描くようにするといいですよ。

アイブロウパウダーを使って土台をぼかし、立体感を作る

4.アイブロウペンシルの土台を、アイブロウパウダーでぼかす

【セザンヌ】『ノーズ&アイブロウパウダー 02 ナチュラル』
「垢抜け眉」にするコツは、アイブロウペンシルで土台を作った後に、アイブロウパウダーで眉毛の濃淡を作り、立体感を出すこと。
そうすれば、眉毛全体が同じ濃さになることで眉が強調されすぎたり、眉頭や眉尻が濃すぎてきつい印象を与える、逆に薄すぎて顔がぼやけたように見えるといったことを防げます。
アイブロウパウダーを使って土台をぼかす&立体感を作る
筆者はアイブロウパウダーに、『セザンヌ ノーズ&アイブロウパウダー 02 ナチュラル』を使用しています。
アイブロウパウダーは適当にのせるのではなく、写真のように毛の流れにそってブラシの向きや角度を変えましょう。黒目の内側から眉中は一番濃くなるように、逆に眉頭と眉尻は濃くしすぎないようにぼかします。

最後に眉毛を整えると、よりきれいに仕上がる

5.毛の長さを整えて、余分なムダ毛は処理する

眉毛を整える
毛の流れに合わせて、眉頭から眉中部分は“眉毛の下側の毛の根元”に、眉中から眉山にかけては“眉山の下側の根元”にスクリューブラシをおくと毛が立ち上がります。
このときに“はみ出る長い毛”は、眉カットばさみで切りましょう。ただし、最近は毛の長さがあるフサフサな眉毛が流行しているので、あくまでも長さを揃える程度にし、あまり短く切りすぎないように気を付けてくださいね。
眉毛を整える
なお、明らかにいらないムダ毛や産毛がある場合は、I字カミソリや電気シェーバーを使ってサッと処理しましょう。
不器用さんでも失敗しない! 「垢抜け眉」の作り方【後編】
「垢抜け眉」を作るコツは、眉毛の正しい位置、形に合わせて、足りない部分をアイブロウペンシルで描き足し、アイブロウパウダーで濃淡をつけながら立体感を出すこと。そして最後に、毛の長さやムダ毛を整えることで一気に整います。
いかがだったでしょうか?
今回は、不器用さんでも失敗しない「垢抜け眉」の作り方についてご紹介しました。ぜひ、眉メイクの参考にしてみてくださいね。
【参考】 『SANA』公式サイト 『CENANNE』公式サイト ©svetikd/gettyimages
文/寒川あゆみ

関連コラム