コンシーラー3種類とスウォッチ
bookmark_off

肌悩み別♡コンシーラーの選び方と使い方をご紹介

みしま
みしま
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.09.14
メイクをする際に気になるのが、シミやくすみ、ニキビ、クマなど。 そんな悩みをカバーしてくれるのがコンシーラーです。 コンシーラーにはアイテムごとに形状や色など様々な違いがあり、選び方に迷ってしまいますよね。 今回は、そんなコンシーラーの選び方・使い方をご紹介していきます。 おすすめのコンシーラーアイテムもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!
お悩み別!コンシーラーの選び方と使い方
使い方いろいろ♪おすすめコンシーラー
コンシーラーを使って悩みのない美肌に♡

お悩み別!コンシーラーの選び方と使い方

はじめに、肌悩み別のコンシーラーの選び方と使い方をご紹介していきます。

シミ・色ムラ

リキッドコンシーラーをつけている写真
シミや色ムラのお悩みには、自然なベージュカラーのコンシーラーがおすすめです。 ポイントは、オークルやピンクベージュなど肌のトーンに合ったカラーを選ぶこと。 濃いシミの場合は、肌の色よりも明るいカラーを選ぶと、光の効果で色ムラを飛ばすことができます。 使う際は、気になる色ムラのうえにコンシーラーを置き、周りをぼかすようにぽんぽんと馴染ませていくのがポイント。 テクスチャーは、シミの濃さやベースメイクの濃さに合わせて選びましょう。 ナチュラルに仕上げたい場合はリキッド、しっかりカバーしたい場合はスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。 パウダーファンデーションなど、油分を含んだ粉体を重ねるとさらに崩れにくくなります。

クマ

クマにコンシーラーをのせている写真
クマは大きく分けて、青クマ・茶クマの2種類があります。 青クマは、主に血行不良などで血色が悪くなってしまうことが原因です。 青クマをカバーするためには、赤やオレンジ、ウォームトーンのピンクなど血色感の出るカラーを含んだコンシーラーを選びましょう。 茶クマは、色素沈着やくすみなどが原因でできてしまいます。 そのため、シミや色ムラのカバーと同じように、自分の肌のトーンから少し明るめのベージュカラーを選びましょう。 クマを隠す場合におすすめのコンシーラーは、柔らかくストレッチの効くテクスチャーのもの。 目元は動きやすい場所であるため、硬いテクスチャーはシワになってしまい崩れやすくなります。 表情の変化に対応するためには、軽いリキッドタイプや調節しやすいパレット型のものがおすすめです。

ニキビ・吹き出物

黄みのコンシーラーを使用した写真
ニキビや吹き出物などの赤味は、黄味のカラーで抑えることができます。 オークル系ベージュなど黄味の入ったナチュラルなカラーを選ぶようにしましょう。 ニキビ・吹き出物などのスポットで隠したい箇所には、チップのついたリキッドタイプやスティック状のコンシーラーがおすすめ。 また、特に注意したい点はコンシーラーの付け方です。 ニキビや吹き出物などは、とてもデリケートなトラブル。あまり触りすぎるとさらに悪化させてしまう場合があります。 そのためコンシーラーを使う際は、まず周りを囲むように置いてから、指でぽんぽんと優しく色を乗せていきましょう。

使い方いろいろ♪おすすめコンシーラー

ここからは、私が愛用しているおすすめのコンシーラーアイテムをご紹介します!

ザ・セム カバーパーフェクション チップコンシーラー

the SAEM カバーパーフェクションチップコンシーラー
『the SAEM(ザ・セム)』の「カバーパーフェクション チップコンシーラー」。 ザ・セムは韓国のコスメブランドで、特にこちらのチップコンシーラーは大人気の商品です。 チップの付いたリキッドタイプのコンシーラーは、柔らかいテクスチャーとカバー力の高さが特徴。 ストレッチが効くため崩れにくく、表情の動きやすい目周りや口周りに使うこともできます。 高いカバー力がありながら付け心地は軽いため、時間が経ってもシワになりにくいのも魅力。 どんなお悩みもマルチにカバーしてくれる、万能コンシーラーです。

キャンメイク カラーミキシングコンシーラー

CANMAKE カラーミキシングコンシーラー
続いてご紹介するのは、『CANMAKE(キャンメイク)』の「カラーミキシングコンシーラー」。 こちらはパレットタイプになっており、異なるトーンのカラーが3種類組み合わせられているコンシーラーです。 クマ・シミ・ニキビ・くすみなど、どんなお悩みもこのパレット1つでカバーできる優秀アイテム。 さらに、パレットの左端はミックススペースとなっており、自分の肌に合わせたカラーを混ぜて使うことができます。 柔らかく伸び、付けた後はベタつかずサラサラと肌に馴染んでいくテクスチャー。 ナチュラルなベースメイクの方や、自然に色ムラをカバーしたい方に特におすすめのコンシーラーです。

コンシーラーを使って悩みのない美肌に♡

ここまで、コンシーラーの使い方・選び方とおすすめのアイテムをご紹介しました。 コンシーラーを選ぶ際には、色やテクスチャーの硬さ、カバー力、伸び、ストレッチの違いなど様々なポイントがあります。 より自然に美しい肌を仕上げるには、自分の肌色や悩みに合わせ正しく色やアイテムを選ぶことが重要です。 是非皆さんも、普段のベースメイクにぴったりのコンシーラーを探してみてくださいね♪

関連コラム