3ブランドのアイテムを並べた置き画像

“メイクは引き算”が賢い、自然体で垢抜けるポイントとは?

bookmark_off
lacore編集部
lacore編集部
Editor
気合いが入るとメイクにも力が入りますが、全てのパーツを盛ろうとするとトゥーマッチ。主役となるパーツをはじめに一か所決めて、“引き算メイク”することで、自然に抜け感のあるメイクに仕上がります。そんな引き算メイクのポイントとおすすめコスメを紹介します。
下地とパウダーでベースを補正
目元は自然な陰影をつけてナチュラルに
ラインをとったはっきりリップで唇を主役に

下地とパウダーでベースを補正

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ の置き画像
ベースメイクには、トーンアップに優れた下地とカバー力のあるフェイスパウダーを使用。自然に肌を補正しましょう。 『LA ROCHE-POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)』の「UVイデア XL プロテクショントーンアップ」は、くすみや色ムラを自然にカバーするトーンアップクリーム。白浮きせず、自然に肌を明るく見せます。また、綺麗なツヤ感をプラスできるので、これひとつでつるんとした美肌見せが叶います。 SPF50+ PA++++で、UVカット効果も◎。トーンアップ、化粧下地、日焼け止めの3役を担います。植物由来のスクワラン(※1)やグリセリン(※1)が配合されており、さらっとした仕上がりでありながらきちんと保湿。 白いクリームですが、素肌感を活かしたい方には肌なじみの良いピンク色の「UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ」が向いています。 ー <ラ ロッシュ ポゼ>UVイデア XL プロテクショントーンアップ/3,740円(税込)

CEFINE シルクフィニッシングパウダー

CEFINE シルクフィニッシングパウダー の置き画像
『CEFINE(セフィーヌ)』は、植物の力に着目したコスメを展開するブランド。「シルクフィニッシングパウダー」は、透き通るような肌をメイクするフェイスパウダーです。ピンクとラベンダーのパウダーがセットになっており、2色をミックスして使うことで透明感を演出します。 カバー力とキープ力に優れており、朝のメイクの仕上げにはもちろんのこと、夕方のお直しにもピッタリです。付属のパフで塗っても、ブラシで塗っても綺麗に仕上がります。 色補正効果のある下地と併せて使えば、素肌を活かした美しいベースメイクに。

目元は自然な陰影をつけてナチュラルに

【VINTORTÉ ミネラルシルクアイズパレット メイズブラウン】

VINTORTÉ ミネラルシルクアイズパレット メイズブラウン の置き画像
唇を主役にする分、アイメイクはナチュラルに。自然な立体感を演出するブラウンアイシャドウを選びましょう。目を縦に大きく見せたいなら横割りグラデーション、目の横幅を強調させたいなら縦割りグラデーションが◎。 『VINTORTÉ(ヴァントルテ)』の「ミネラルシルクアイズパレット」は、上品な発色で印象的な目元をメイクするアイシャドウです。光によって発色するミネラルパウダーが、肌の美しさを引き立てます。 湿式処方で作られており、パウダーでありながらしっとりとした質感。なめらかで、まぶたにピッタリ密着します。上品なツヤ感を演出し、洗練されたアイメイクに。無添加処方(※2)で石鹸で落とすことも。 メイズブラウンは、自然な陰影をまぶたにプラスする王道ブラウン。パーソナルカラーを問わず使いやすい、ニュートラルなカラーです。

ラインをとったはっきりリップで唇を主役に

【Fujiko フジコアゲリップ 01 センシュアルラバー】

Fujiko フジコアゲリップ 01 センシュアルラバー の置き画像
主役となる唇は、しっかり盛ることを意識!リップラインをとって、はっきりとした唇をメイクしましょう。 『Fujiko(フジコ)』の「フジコアゲリップ」は、リップラインをとりながら唇のケアまでできる新感覚リップ。1アイテムで印象的な唇を簡単にメイクできます。 使い方は、先端部分で唇のラインを縁取ったら、リップを寝かせてバーム部分で保湿します。最後に上唇と下唇を重ねてなじませれば完成です!簡単にツヤのある綺麗なリップに仕上がります。ティントなので色持ちも◎。 01 センシュアルラバーは、色っぽさを演出するピュアレッド。強さを感じさせるリップメイクを好む方にピッタリです。存在感のある唇に仕上がります。
※1 保湿成分 ※2 石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タルク、シリコン、鉱物油、パラベン、エタノール、合成香料、合成着色料
作成日2021.06.09

関連コラム