シンプルコスメでつくる、お洒落抜け感メイク
bookmark_off

シンプルコスメでつくる、お洒落抜け感メイク

satsuki
satsuki
ビューティーブロガー GIRLS CREATIVE TEAM所属
2020.08.06
お洋服に合わせてメイクもアップデートするのが、本当のおしゃれさん。シンプルなコスメでつくる抜け感のあるメイクをご紹介します。
そのメイク、お洋服に合ってる?
指で塗れるクリームタイプ×立体感を出す大粒ラメの黄金コンビ
マスカラの色だって好きな色選ぼう。

そのメイク、お洋服に合ってる?

メイクもだんだん軽い雰囲気になってくる季節。 トレンドのファッションも軽めな素材や色味が印象的でカジュアルなものが多い気がします。 春服は買いそろえて、いつも通りのメイクでばっちり決めたものの鏡を見たら、あれ、思っていた感じと何かが違う… そんなことありませんか? それってもしかするといつものしっかりメイクが服と合ってないのかもしれません。 今回はそんな春のお洒落な服にも合わせられるような、質感・色味で遊ぶシンプルなコスメをご紹介したいと思います。

コスメのシンプル化、推奨します。

シンプルなアイテムを使うことで工程が少なくなる為簡単というのももちろんメリットですが、やはり地味なメイクになりそうなイメージですよね。 しかし使うものがシンプルな分、質感や色味を少し大げさに表現できるため、お洒落感を出しやすく、服に合わせて調整しやすいというのがシンプルなメイクをするメリットだったりします。 今回ご紹介しているコスメも全体的に質感やラメ感、色味が特徴的なアイテムを選びました。 グラデーションを作る、アイラインをしっかり引く、まつげを上げる… そんな定番アイメイクの工程はまるっとすっ飛ばし、かなり引き算をしているのですが、そんな引き算メイクだからこそ、普段では使わないようなポップなカラーアイテムや大胆なラメをナチュラルに使うことができるので、カラーアイテムを使ってみたい人や普段とちょっと違ったメイクをしたい方にもコスメのシンプル化、オススメします。

指で塗れるクリームタイプ×立体感を出す大粒ラメの黄金コンビ

まずアイシャドウですが、今回は「コスメデコルテ アイグロウジェムBR395」を使用。 こちらは指で塗れるクリームタイプのアイシャドウ。 少しオレンジピンクよりのブラウンで肌なじみがよく、私はよく使用します。 (限定色なのでこちらはベージュブラウン、ピンク系ブラウンあたりで代用可能です) こちらのシャドウを指でとってぽんぽんとまぶたにオン。 目の際部分から上に向かって薄くなるように乗せますが、厳密にグラデーションや細かいことは考えなくてOK。 ムラにならない絶妙なしっとり感なので、これだけでも湿度のあるお洒落なメイクができるのですが、そこに「キャンメイク ジュエリーシャドウベール02」の大粒ラメの方をまぶた中央+下まぶた中央にオン。 こちらのアイシャドウはラメのみが2タイプ入った、まさにラメでニュアンスチェンジしてください!という隠れ優秀アイテム。 大粒ラメなので粉飛びが気になるところですが、このラメはしっかり乗せたところに付いてくれるので本当に重宝しています。 クリームタイプのシャドウでツヤを出し、ラメで立体感とアクセントをプラス。 この黄金コンビのシャドウがあるだけで、全体的に抜け感を出しつつの質感で遊べるお洒落なアイメイクが完成するので、ぜひゲットしてほしいアイテムです。

あるようでないような、その1本が大きな差だったり。

アイメイクのベースが完成したところで、次はアイラインを引きます。 普段通りしっかり目の際にすすすーっと引くのは今回はなし。 ブラウン・ブラックのような締めカラーも一切使用しません。 目を際立たせるための本来の目的は一切関係なく、もはやアクセサリー感覚で使う「遊びアイライン」です。 とはいえ、この1本があるのとないとでは大きな差が出てくるので、ぜひプラスしてほしい重要ポイントです。 今回使うのは「UZU オープニングライナーピンク」。 こちらを目尻に1本だけシュッと引きます。 最近ホワイトのアイライナーでやっている人も多いのですが、今回はあえてピンクで。 こちらのピンク、まろやかで透明感のあるピンクなので、ぱっと見描いた感じがせず分かりにくいのですが、近くで見たときやふとした瞬間にふわっと浮き出てくるような感覚で、じわじわと後からアクセントとして効いてくれるので、さりげなく大人が使えるオススメのカラーアイライナーです。 色味はもちろん、筆自体の描きやすさやグリップの握りやすさなど、プロダクトとしてのクオリティもとても高いのに手に入りやすい価格なので、こちらもぜひシンプルアイテムの中に1つ加えて間違いないアイテムです。

マスカラの色だって好きな色選ぼう。

最後はまつげなのですが、ビューラーでしっかり根本から上げて下地をつけてカールキープに優れた線維ぎっしりのマスカラをぐりぐりぐりーっ…というしっかり上向きなまつげもかわいいのですが、今回はそちら置いておいてもらっていいですか。 まつげは上げません。 下を向いたまつげに「UZU モテマスカラ COPPER(カッパー)」をしっかり根本から塗るだけ。 というのももちろんまつげを上げて付けてもかわいいのですが、下を向いたまつげって何とも言えない色気というか抜け感が出るんですよね。 素材を生かしつつカラーで盛る。 そんな使い方ができるのがモテマスカラのカラーマスカラなのです。 大胆にブランドを一新し、とてもお洒落な雰囲気のブランドですが、PRイメージの通りどのカラーもすごく発色がよく、抜け感のあるお洒落なカラーで、カラーマスカラを探している人にはとにかくオススメしたいブランド。 今回私が使っているのはCOPPER(カッパー)。 ブラウンでもなくゴールドでもない絶妙な色味でどんなメイクにも使える優秀カラーです。 まつげ全体がつやっとして、光に当たると透け感のある柔らかい印象の目元に仕上がるので1つプラスするだけで印象が変わる重要アイテムです。

必要なシンプルコスメって結構身近にあったりするもの。

以上がシンプルかつ抜け感のあるメイクを完成させるための重要4アイテムでした。 慣れてくるとシャドウやカラーの色味、質感などを自分で調節できるようになってくるので、バリエーションを増やすのも楽しくなってきますよね。 実際に服とのバランスもあるので、今回ご紹介したアイテム通りの使用方法だけではなく、少し質感に重みのある服を着たときはちょっとまつげを上げてマスカラを付けてみたり、素材感がナチュラルな服のときはラメを控えてみたりと、全体のバランスを見てプラスするアイテムやマイナスするアイテムを考えて使うことで、簡単に服に合うメイクに仕上げることができます。 色味を減らしてもツヤ感やラメ感などの質感に特徴があるアイテムを選んでいるので、テクニックいらずでお洒落感をプラスしたり、逆に色味でアクセントをプラスしたりと、実力派をそろえると必要最低限のアイテムだけで抜け感のあるメイクが簡単にできるので、意識してコスメ選びをしてみてはいかがでしょうか。

関連コラム