ピンクカラーコスメ4点を並べた画像
bookmark_off

ピンクコスメを極めて、上品なオトナ顔へ

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.04.30
ひと口にピンクと言っても、その色味は様々。肌なじみの良いピンクや深みのあるピンクなど、彩度や明度を抑えたカラーは大人もトライしやすいです。目元や口元などポイントで差し色として使うのも◎。 ツヤやシアーな質感だと、程良い甘さを残しながら上品に仕上げることができます。自分にピッタリなピンクコスメを見つけましょう。
溶け込むように自然なピンクシャドウ『AQUA・AQUA』
ほのかに甘い『VINTORTÉ』
アイライナーでピンクメイクを引き締める『CANMAKE』
視線を集めるうるツヤリップに『B IDOL』

溶け込むように自然なピンクシャドウ『AQUA・AQUA』

オーガニックデュオシャドー 02 ピーチブラウン/AQUA・AQUA の置き画像
「オーガニックデュオシャドー」は、モモ(※1)やイチゴ(※2)のフルーツオイルが配合されており、パウダーでありながらしっとりとした質感です。まぶたにのせてもパサパサしないのが嬉しいポイント。 クレンジング不要で、目元への負担が気になる方にもピッタリです。繊細なラメが艶やかなアイメイクに仕上げてくれます。 02 ピーチブラウンは肌なじみの良いピーチとナチュラルなブラウンが組み合わさったパレット。ほんのりピンクに色づき、柔らかい印象に。

ほのかに甘い『VINTORTÉ』

ミネラルシルクアイズパレット サクラブラウン/VINTORTÉ の置き画像
「ミネラルシルクアイズパレット」は、ミネラルパウダーとシルクパウダーにより、透明感と立体感のあるアイメイクに仕上げるアイシャドウです。陰影を際立たせ、パッと目を引く印象的な目元をメイクします。 リキッド状のパウダーをプレス・乾燥させて作られているため、しっとりとした感触。 サクラブラウンは、青みピンクで程良い甘さをプラスします。ほんのり色づくため、オフィスで活躍思想。4色をグラデーションにしたり、ピンクとブラウンをミックスして塗ったりと、幅広い使い方を楽しむことができます。

アイライナーでピンクメイクを引き締める『CANMAKE』

クイックラッシュマスカラ ワインモーヴ/CANMAKEの置き画像
『CANMAKE(キャンメイク)』の「クイックラッシュカーラー」は、「マスカラ下地」「トップコート」「マスカラ」として1本3役のマスカラ。カールキープ力が高く、長時間メイク仕立てのような美しいまつ毛を保ってくれます。 ワインモーヴは、お洒落な目元に仕上がるバーガンディ。落ち着きがあり、上品さを残しつつさりげなく甘さを加えることができます。ピンクメイクとも好相性で、アイメイクを程良く引き締めてくれるカラーです。 ー <CANMAKE>クイックラッシュカーラー ワインモーヴ/748円(税込)

視線を集めるうるツヤリップに『B IDOL』

つやぷるリップ ずるいPINK/B IDOL の置き画像
「つやぷるリップ」は、商品名通り一本でツヤツヤぷるぷるな唇に仕上がるリップティント。潤いと発色にこだわって作られており、リップグロスを塗ったようなツヤ感と、ティント処方による色持ちの両方が叶うアイテムです。 01 ずるいPINKは、青みを帯びた王道なピンク。一度塗りすればシアーでナチュラルに、重ね塗りすれば鮮やかに発色します。アイメイクやチークとバランスをとって、塗る量を調節すると甘すぎないピンクメイクに仕上がります。
※1 モモ核油(保湿) ※2 ヨーロッパキイチゴ種子油(保湿)

関連コラム