シェーディングアイテムを並べた画像
bookmark_off

今すぐ小顔に!シェーディングで痩せ見えできる

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.04.11
「ダイエットせずとも小顔に見せたい!」 そんなワガママもシェーディングなら思いのままに。スッキリしたフェイスラインもすっと高い鼻筋もメイクで何とかなります。
骨格を際立たせて美しい横顔に『VINTORTÉ』
V字のパウダーで立体感をプラス『peripera』
ユニークなおでこ用シェーディング『Fujiko』
濃さを調節しやすい自然な発色『CEZANNE』

骨格を際立たせて美しい横顔に『VINTORTÉ』

VINTORTÉ ミネラルシルクシェーディングパウダー の置き画像
石鹸で落とせるミネラルコスメを展開する『VINTORTÉ(ヴァントルテ)』。「ミネラルシルクシェーディングパウダー」は、柔らかく肌に溶け込み、骨格を際立たせるシェーディングです。湿式処方で作られており、しっとりとしたテクスチャー。肌に自然になじみ、美しい立体感を演出します。 また、SPF20 PA++でUVカット効果も◎。紫外線吸収剤や石油系界面活性剤、シリコンなどを含まず、石鹸で簡単に落とすことができます。 ヘルシーな血色感をプラスするテラコッタカラーと、陰影を作るシェーディングカラーがセットになっています。2色をミックスすると、深みのあるオレンジに。単色使い、ミックス使いを使い分けることで、肌色やメイクに合わせた自然な陰影を作ることができます。 基本の使い方は、シェーディングカラーを顎下からこめかみ、髪の生え際まで柔らかく入れ、頬と生え際の境目をぼかすようにテラコッタカラーをON。上品なフェイスラインを演出します。

V字のパウダーで立体感をプラス『peripera』

peripera インク ブイ シェーディング の置き画像
『peripera(ペリペラ)』の「インク ブイ シェーディング」は、ナチュラルな立体感を演出するシェーディングです。V字型に3色のパウダーがセットされているのが特徴的。最もよく使う中間カラーの割合を増やした、1:2:1の比率となっています。 左のカラーは、ほのかな陰影を演出するのでノーズシャドウや涙袋メイクに最適。中間のカラーは自然な色付きで、顎やフェイスラインなど広範囲の影入れにピッタリです。右のカラーは最も強く陰影をプラスするので、特に陰影を足したいパーツのメイクに向いています。それぞれのカラーをミックスしたり、アイブロウとして使ったりするのも◎。 また、肌トーンに合わせて選べるカラーバリエーションも魅力です。#1 アーモンドブラウンは、ニュートラルなブラウン。自然な立体感を出したい方に多く選ばれています。#2 カカオブラウンは#1 アーモンドブラウンに比べて深みのあるカラーで、より強い陰影効果があります。#3 ヘーゼルグレーは、まろやかなグレージュ。

ユニークなおでこ用シェーディング『Fujiko』

Fujiko フジコdekoシャドウ の置き画像
『Fujiko(フジコ)』の「フジコdekoシャドウ」は、おでこの生え際やもみあげに使うことで小顔をメイクする、ユニークなシェーディング。水を使わないドライパウダーが採用されており、汗や皮脂に強いのが魅力です。 付属のパフでパウダーをとり、おでこの生え際や頭皮の気になるところにのせて使います。一見おでこが不自然に浮いてしまいそうですが、おでこから頭皮に向かって塗り込むことでナチュラルな仕上がりに。使う人を選ばずなじみやすい、エブリバディブラウンカラーが自然な陰影を演出します。 ただ小顔に見せるのではなく、ハチの広さや面長といった悩みもシェーディングで緩和。生え際の薄毛が気になる方や、おでこの広さや形をこっそりメイクしたい方にもピッタリです。

濃さを調節しやすい自然な発色『CEZANNE』

セザンヌ ミックスカラーチーク 20シェーディングの置き画像
人気プチプラブランド『CEZANNE (セザンヌ)』はシェーディングも優秀。「ミックスカラーチーク 20」は、薄づきで色味を調節しやすいので、メイク初心者やシェーディングが苦手な方でも使いやすいアイテムです。 パウダーはサラサラとしており、自然な発色。4色をミックスしてフェイスラインにのせることで、小顔を演出します。それぞれ単色で使うのも◎。ノーズシャドウや髪の生え際に使えば、さらに立体感をプラスできます。 また、ナチュラルな色付きなのでフェイスだけでなくボディにもピッタリ。鎖骨や腕に仕込めば、さりげなく細見えを叶えます。 ー <セザンヌ>ミックスカラーチーク 20 シェーディング/748円(税込)

関連コラム