チークを並べた画像
bookmark_off

色づく頬が表情を彩る。チークはテクスチャーで選ぶ

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.04.26
ひと口にチークと言っても、各ブランドから様々な種類のものが展開されています。タイプにより仕上がりが大きく異なるので、その日のメイクや好みの仕上がりに合わせて使い分けましょう。 パウダーチークは、ふんわりと色づくので柔らかい印象に。クリームチークは高い密着力が魅力で、にじむような血色感を演出できます。リキッドチークは、みずみずしく透明感のある仕上がりに。 仕上がりを踏まえて、好みのものを選びましょう!
<パウダータイプ>LAURA MERCIER ブラッシュ カラー インフュージョン
<クリームタイプ>VINTORTÉ ミネラルシルククリーミィチーク&ルージュ】
<クリーム+パウダー>タイプA'pieu アピュー ジューシーパン ジェリーチーク
<スティックタイプ>Fujiko フジコチョークチーク

<パウダータイプ>LAURA MERCIER ブラッシュ カラー インフュージョン

ローラメルシエ ブラッシュカラーインフュージョン11,12,13,14 の置き画像
『LAURA MERCIER(ローラ メルシエ)』の「ブラッシュ カラー インフュージョン」は、洗練されたメイクを叶えるパウダーチーク。大きめのブラシでふんわりとのせることで、自然な血色感を演出できます。 カラーバリエーションが豊富な上に、モダンなマットフィニッシュと、ほのかに煌めくシマーフィニッシュの2通りの仕上がりからピッタリなものを選べます。 肌の美しさを引き立てる4色のニュアンスカラーが新たにラインナップ。 ◆11 GUAVA:ライトピンクコーラル。さりげなく血色感をプラスし、ヘルシーな印象に。 ◆12 PASSIONFRUIT:ほのかに艶めくコーラルピンク。柔らかい印象のメイクに仕上がります。 ◆13 BELLINI:肌に溶け込むようなピーチコーラル。ナチュラルメイクにもピッタリです。 ◆14 WATERMELON:明るめのヌードピンク。サッと頬に入れればフェミニンな印象に。 (写真左から11,12,13,14) ー <LAURA MERCIER>ブラッシュ カラー インフュージョン/各3,850円(税込)

<クリームタイプ>VINTORTÉ ミネラルシルククリーミィチーク&ルージュ】

VINTORTÉ ミネラルシルククリーミーチーク&ルージュ シーシェルピンク, サンセットコーラルの置き画像
『VINTORTÉ(ヴァントルテ)』の「ミネラルシルククリーミーチーク&ルージュ」は、クリームタイプのチーク。頬だけでなく、目元や唇などマルチに使うことができます。 肌に溶け込むような発色で、自然な血色感を演出します。そのまま使うだけでなく、チーク下地やリップ下地としても使うことも。手持ちのアイテムと併せて使えばさらに血色感アップ。 シーシェルピンクは、ピュアな印象。甘すぎず程よくヘルシーで、幅広いメイクに合わせることができます。サンセットコーラルは、カジュアルなメイクとも好相性です。

<クリーム+パウダー>タイプA'pieu アピュー ジューシーパン ジェリーチーク

A'pieu アピュージューシーパン ジェリーチーク VL01 の置き画像
『A'pieu(アピュー)』の「アピュー ジューシーパン ジェリーチーク」は、パウダーチークとクリームチークのハイブリッド。クリームのようにしっとりとしたテクスチャーで、仕上がりはパウダーのようにさらさら。 頬に潤いを与えるジューシーフルーツジェリー(※)が配合されており、乾燥を防いでしっとりとした頬に。発色が柔らかく少しずつ色づくため、失敗しにくいです。 VL01 はかなげ透明感ラベンダーは、ラベンダー寄りのペールピンク。頬に透明感を宿します。

<スティックタイプ>Fujiko フジコチョークチーク

Fujiko フジコチョークチーク 01・02 の置き画像
『Fujiko(フジコ)』の「フジコチョークチーク」は、ハイライト、ニュアンスカラー、チークカラーの3色がひとつに。ひと塗りでグラデーションが簡単に作ることができます。 頬骨にピタッとフィットする設計で、溶け込むようなナチュラルグラデを実現。頬骨に沿ってサッと塗るだけでチークメイクが完成します。ぼかさずにそのまま仕上げれば、立体感のあるメイクに。指で3色の境目をなじませれば、ふんわりとした仕上がりに。 01 ローズライトは色っぽい血色ピンク。02 シャンパンライトは、ヌーディーで落ち着いた印象。
※ プルーン種子エキス、ブドウ果実エキス、モモ果実エキス、グアバ果実エキス、リンゴ果実エキス、イチジク果実エキス、ローヤルゼリーエキス、コラーゲン(全て保湿)

関連コラム