ハイライトアイテム4点を並べた画像

光を宿せば華やかに。美しいツヤ肌に仕上げるハイライト

bookmark_off
lacore編集部
lacore編集部
Editor
ハイライトでツヤを足してメイクに立体感を持たせることで、たちまち華やかな印象に。なんだか垢抜けない…という方は、ハイライトを見直してみては?しっとりとした質感で濡れたようなツヤを演出するクリームタイプと、内から発光するような輝きをまとえるパウダータイプのハイライトをお届けします。
<クリームタイプ>濡れたようなツヤ肌に
<パウダータイプ>内から輝くような透けツヤ肌に

<クリームタイプ>濡れたようなツヤ肌に

A'pieu アピュー ジューシーパン ジェリービーム ハイライター(クリームソーダ)

アピュー ジューシーパン ジェリービーム ハイライター(クリームソーダ) の置き画像
『A'pieu(アピュー)』の「アピュー ジューシーパン ジェリービーム ハイライター」は、ユニークなジェリー状。指ざわりはクリームのようになめらかで、塗り広げるとパウダーのような軽い質感に変化します。 いちごミルクエキス(※1)が配合されており、しっとりとした仕上がりに。ピタッと肌に密着するので、ヨレや乾燥も気になりません。 No.1 クリームソーダは、バニラのようなクリーム色をベースに、ピンクラメをトッピングしたカラー。ベースがクリームカラーで、肌と綺麗になじみます。 他にはNo.2 イチゴソーダのカラーがあり、こちらはイチゴピンクにゴールドラメが入っています。No.1に比べてラメ感が落ち着いているので、より上品なメイクに仕上がります。 Tゾーンや頬の高い位置、鼻筋といった立体感を持たせたいところにのせるほか、アイメイクにプラスしても◎。

dasique Highlighter #02 Pink Aurora

dasique Highlighter #02 Pink Aurora の置き画像
『dasique(デイジーク)』の「Highlighter」は、柔らかいジェリーテクスチャー。しっとりとした質感なので、ハイライトの崩れや粉落ちが気になる方にもピッタリです。雪の結晶の型押しも魅力的。 ベースメイクの最後にブラシに取り、Tゾーンや顎先などツヤを足したい部分にサッとなじませます。 #02 Pink Auroraは、華やかな印象に仕上がるピンクカラー。肌なじみの良いピンクで悪目立ちせず、目鼻立ちをハッキリとさせてくれます。透明感のある美しいツヤをメイクにプラスし、パッと明るい雰囲気に。

<パウダータイプ>内から輝くような透けツヤ肌に

VINTORTÉ ミネラルシルクハイライトヴェール

VINTORTÉ ミネラルシルクハイライトヴェール の置き画像
「ミネラルシルクハイライトヴェール」は、湿式処方で作られており、パウダーでありながらしっとりとした質感が特徴です。肌に溶け込むような洗練されたツヤ感で、明るくいきいきとした表情を演出します。 石鹸で落とせるので、肌への負担が気になる方にも◎。 メイクに明るさを宿すホワイトヴェールと、柔らかな印象に見せるピンクパールの2色組。パウダーのとり方によって色味を変えられるので、様々な使い方を楽しむことができます。 基本の使い方は、ホワイトヴェールからピンクパールにかけてなぞるようにブラシでとり、鼻筋や顎下にふんわりとのせます。ピンクパールはフェイスパウダーとしても使用可能。明るくツヤやかなベースメイクに仕上げたいときに活躍します。

CLIO プリズム エアー ハイライター 1号 ゴールドシアー

CLIO プリズム エアー ハイライター 1号 ゴールドシアーの置き画像
『CLIO(クリオ)』の「プリズム エアー ハイライター」は、クリアな色彩で透明感のあるツヤを演出します。 パウダーのふんわりとした仕上がりと、クリームのようなしっとり感を両立。微細なパール粒子が重ねても重くなりません。 1号 ゴールドシアーは、ゴージャスなメイクに仕上がるゴールドカラー。頬の高い位置や鼻筋に加えて、デコルテに使うのも◎。キラッと輝くツヤが華やか。パーティーシーンにもピッタリです。 メイクに合わせて選べる豊富なカラーバリエーションも魅力的。肌なじみが良く柔らかい印象に仕上がる2号 フェアリーピンクや、チークに重ねても可愛い4号 ピンクスパークリングなどのカラーがあります。
※1 保湿成分 ※2 石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タルク、シリコン、鉱物油、パラベン、エタノール、合成香料、合成着色料
作成日2021.04.28

関連コラム