ヘアオイル4点を並べた画像
bookmark_off

あなたのお悩みは?美髪へ導く“最愛ヘアオイル”を探そう

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.04.05
様々なブランドから発売されている“ヘアオイル”。それぞれ得意な機能が違うので、その特徴を抑えることが大切です。 髪の悩み別にピッタリのアイテムと特徴を紹介します。
<パサつく髪>KAMIKA ヘアオイル
<広がる髪>moremo ヘアエッセンス ディライトフルオイル
<傷みや枝毛>ダイアン パーフェクトビューティ― ミラクルユー ヘアセラム
<ごわつく髪>product ヘアシャインセラム

<パサつく髪>KAMIKA ヘアオイル

ヘアオイル/KAMIKA の置き画像
『KAMIKA(カミカ)』は、ヘアケアアイテムを展開するブランド。泡立てずに使う「黒髪クリームシャンプー」が有名です。 「KAMIKA ヘアオイル」は、ジェル状のテクスチャーがユニークなヘアオイル。手のひらに伸ばすとサラッとし、ベタつきがありません。髪にすっと馴染みます。 シャンプー後、タオルドライをし毛先を中心に馴染ませます。髪に潤いを与えることで、ドライヤーの熱による髪の傷みやパサつきを防止。さらに、8種類のオイル(※1)で油分を補給し、髪を保護します。まとまりの良い、つるんとした手触りの髪に。 みずみずしいアクアティックノートの香りも爽やか。ドライ後もふんわりと漂います。

<広がる髪>moremo ヘアエッセンス ディライトフルオイル

ヘアエッセンス ディライトフルオイル/moremo の置き画像
「ヘアエッセンス ディライトフルオイル」は、傷んでダメージが気になる髪に潤いを与え、なめらかでまとまりやすい髪へと導きます。 髪を保湿しツヤを与えるアルガンオイル(※2)や、乾燥を防ぎ髪をしなやかにするブラジルナッツ油(※3)といった植物性オイルを配合。油分と水分をバランスよく髪に与えます。 タオルドライ後、ダメージを防ぐためにドライヤーをかける前に使うほか、ヘアアレンジ前に使うと髪がまとまり扱いやすくなります。 サラッとしたテクスチャーで軽めのオイル。ムスクパウダーとグリーンフルーティーフローラルを合わせた、甘く女性らしい香りです。

<傷みや枝毛>ダイアン パーフェクトビューティ― ミラクルユー ヘアセラム

ダイアン パーフェクトビューティ― ミラクルユー ヘアセラム の置き画像
「ダイアン パーフェクトビューティ― ミラクルユー ヘアセラム」は、オーガニックギーオイル(※4)を配合した、しなやかな髪に導くトリートメントオイルです。ドライヤーによる熱ダメージや、無理なブラッシングのダメージによる髪の広がりを抑え、指通りの良い髪に。枝毛をケア(※5)し、毛先までまとまりの良い髪を目指します。 同じラインでシャンプーやトリートメント、ヘアマスクもあるので、より集中的にケアしたい方はライン使いが◎。 ヘアケア中に漂うシャイニーフローラルの香りも魅力。フレッシュな果実のアクセントがポイントの、フローラルブーケの香りです。タオルドライ後の濡れた髪にはもちろんのこと、乾いた髪にも使えます。

<ごわつく髪>product ヘアシャインセラム

ヘアシャインセラム/product の置き画像
『product(ザ・プロダクト)』は、カリフォルニア発のオーガニックブランド。濡れ感のあるスタイリングが簡単にできる「ヘアワックス」が有名です。 「ヘアシャインセラム」は、髪に潤いをたっぷり与えてくれます。絡まりやもつれ、ごわつきが気になる髪を、指通りの良い髪へと導きます。 スプレー状になっているので、手軽に使うことができます。 タオルドライ後、毛先を中心に吹きかけ、ブラッシングして馴染ませます。乾いた髪に使う場合は、手にとってから馴染ませるとムラになりにくいです。 優しいラベンダーの香りで、優雅なヘアケアタイムを演出します。
※1 カニナバラ果実オイル、コメ胚芽オイル、椿オイル、ホホバオイル、オリーブオイル、マカデミアオイル、スクワランオイル、アルガンオイル(全て保湿) ※2 アルガニアスピノサ核油(保湿成分) ※3 保湿成分 ※4 バターエキス(保湿成分) ※5 枝毛を防ぐこと

関連コラム