アイテム5点を並べた画像
bookmark_off

季節の変わり目にゆらぐ肌…保湿系美容液で潤いをチャージ

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.04.01
乾燥悩みを引きずりやすい季節の変わり目。普段のスキンケアに美容液を投入して、さらに保湿に力を入れましょう。もっちり肌に導く5ブランドの保湿美容液をお届けします。
乳液の役割も担う美容液『ETVOS』
シワ改善と保湿に特化したブースター『SKIO』
北海道の自然の恵みを活かした『ICOR』
とろみのあるテクスチャーでもっちり肌に『MISSHA』
ツヤのある水光肌に導く『FEMMUE』

乳液の役割も担う美容液『ETVOS』

モイスチャライジングセラム/ETVOS の置き画像
「モイスチャライジングセラム」は、5種類のヒト型セラミド(※1)を配合した集中保湿美容液。さらりとしたテクスチャーでスッと肌に溶け込むようになじみ、すみずみまで(※2)潤します。 乳液の役割も担うため、シンプルなスキンケアが可能に。乾燥が気になるときには顔だけでなく、首やデコルテに塗っても◎。 ラベンダー調の落ち着きのある香りが、優雅な時間を演出します。

シワ改善と保湿に特化したブースター『SKIO』

SKIO VB リンクルクリアセラム の置き画像
『SKIO(スキオ)』は、”無理なく、無駄なく、美しく。”をコンセプトに掲げ、慌しい毎日に寄り添うスキンケアを提案するブランド。プロの美容法に着想を得たそう。 「SKIO VB リンクルクリアセラム」は、有効成分のナイアシンアミドを配合した、シワ(※3)・ハリ・保湿にアプローチする美容液。とろみのあるテクスチャーで、気になる部分にもピッタリと密着します。 使うタイミングは洗顔直後。仕上げに同じラインの「SKIO VB リンクルクリアゲル」を重ねることで、よりもっちりとした肌に導きます。 ケア中に漂う、アクアフラワーの香りも魅力的。とろみのある使い心地と相まって、ゆったりとスキンケアできます。

北海道の自然の恵みを活かした『ICOR』

バランシングセラム/ICOR の置き画像
『ICOR(イコ)』は、北海道のニセコを拠点とするスキンケアブランド。ナチュラルな処方のアイテムを多く展開しており、敏感肌の方に◎。 「バランシングセラム」は、肌にうるおいとハリ感を与える美容液。北海道産の成分が使われており、早春の3週間しか収穫できない保湿に優れた白樺樹液(※4)や、肌にうるおいとハリツヤを与える米セラミド(※5)などが配合されています。 白樺樹液(※4)には、肌に潤いを与えるアミノ酸や、健やかな肌を保つミネラルといった成分が含まれています。肌に浸透(※2)しやすいのが特徴で、みずみずしく潤った肌に導きます。 パラベンやシリコン、紫外線吸収剤なども含まれていないナチュラルな美容液です。 ー <ICOR>バランシングセラム/8,800円(税込)

とろみのあるテクスチャーでもっちり肌に『MISSHA』

ミシャレボリューション/タイム AM 美容液 の置き画像
『MISSHA(ミシャ)』の「ミシャレボリューション/タイム AM 美容液」は、ヨモギ発酵エキス(※6)を配合したとろみのある美容液。マイルドな使い心地で、ゆらぎ肌が気になる方に。 3つのうるおい成分(※7)を抱え込み、角質層まで浸透。うるおいを届け、乾燥を防ぎます。化粧水のあとに使うことで、よりもっちりとしたハリのある肌に。パッティングしながらなじませるのがポイントです。

ツヤのある水光肌に導く『FEMMUE』

グロウドロップス/FEMMUE の置き画像
『FEMMUE(ファミュ)』は、花が持つ美しさにインスピレーションを得た韓国発のスキンケアブランド。ブレンドされた繊細な花の香りや、洗練されたエレガントなパッケージが魅力です。 肌に必要なうるおいバランスを見直して作られた「グロウドロップス」は、肌に潤いを与え、ハリのある肌に導くセラム。オイルの保湿力とセラムのみずみずしい密着力を兼ね備えた、頼もしいアイテムです。 潤いをしっかり補給するので、乾燥が気になる時期にも◎。優雅な香りがふわっと広がり、リッチなスキンケアタイムへと格上げしてくれます。 ー <FEMMUE>グロウドロップス/7,370円(税込) ※1 セラミドEOP、NG、NP、AG、AP(全て保湿) ※2 角質層まで ※3 乾燥による小ジワ ※4 シラカバ樹液(保湿成分) ※5 グルコシルセラミド(保湿成分) ※6 ホソバニンジンエキス(保湿成分) ※7 トレハロース、ベタイン、グリセリン(全て保湿)

関連コラム