ブラシ4本とアイシャドウの写真
bookmark_off

誰でも簡単にプロ級メイクができる!?持ってて損なしのメイクブラシ

nanami
nanami
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.08.21
メイクをする際、ブラシは使っていますか?アイシャドウやフェイスパウダーなど、付属のチップや小さいブラシ、パフなど使っていませんか?付属のブラシやパフなどでもメイクはできますがブラシでつけると仕上がりが変わってきます。誰でも簡単にプロ級メイクができちゃうんです!初心者でもオススメの持っていると便利でメイクも簡単に綺麗に仕上げられる、オススメの揃えるべきブラシをご紹介していきます。
おすすめのフェイスブラシで
ブラシひとつで崩れにくいベースメイクが作れる
アイシャドウが簡単にグラデーションができるオススメのブラシ!
気になるアイシャドウブラシの使い方とつけ方は?
これであなたもプロ級のメイクに
ブラシの魅力は伝わりましたか?

おすすめのフェイスブラシで

まず最初に特にオススメの『M・A・C Cosmetics(マックコスメティックス)』のフェイスブラシをご紹介していきます。こちらのブラシはM・A・Cで1番有名で人気な、#187Sスティプリングブラシというものです。フェイスブラシといえば、大体は大きめで毛のつまったブラシを想像しますが、こちらのブラシは作りが全く違うブラシで、毛先の形状がフラットになっています。 こちらのブラシの使い方は、お肌に対して垂直に立ててくるくると優しく円を描くようにルースパウダーやパウダーファンデーションをつけていくのですが、普通のブラシでつけるのとは仕上がりが全く違ってくるんです。くるくるとふんわりつけることにより、綺麗にルースパウダーやファンデーションがつきます。ふんわりとお肌に馴染み、軽いシアーな仕上がりになります。パフでつけてしまうとどうしてもたくさんついてしまったり。重たくペタッとつきやすいのでのっぺりしたお顔になりやすいですが、こちらのブラシでつければより立体感のある仕上がりになります。
#187スティプリングブラシの写真

ブラシひとつで崩れにくいベースメイクが作れる

ルースパウダーやパウダータイプのファンデーションなどは、パフやスポンジだと量の調節がとても難しいです。沢山つけてしまうとヨレてきてしまいます。こちらのブラシは粉の量の調節も簡単にできるのと、くるくるとぼかしてつけることができるのでファンデーションが重たくつきません。適量をつけることができるので、ベースメイクが崩れにくくもなりますよ! 毛穴凹凸が気になるお肌にこちらのブラシでつけてあげると毛穴に綺麗につくのでお肌のキメを整え、気になるお肌の凹凸が目立ちにくくなります。また、こちらのブラシはパールが入っているパウダー類の仕上がりもとても綺麗です。くるくるとつけることにより、ツヤ感が最大限に綺麗に出せるブラシです。パールやラメなどが入ったパウダーと相性抜群です。
ブラシを立てて使うイメージ写真
このようにお肌に対して垂直に使うので、最初は慣れないかもしれませんが、一旦ブラシに慣れてしまえば、簡単で楽にメイクができるようになり、ブラシの仕上がりにきっと満足するはずです!こちらのブラシは持ち運び用に小さいポータブルサイズもあるので外出先でのお直しにもポーチに入れておけるサイズなのでとてもオススメですよ!

アイシャドウが簡単にグラデーションができるオススメのブラシ!

アイシャドウブラシの写真
簡単に基本的なグラデーションを作るために持っていると便利なブラシはこちらの3本です。グラデーションを作るには3段階の明るさの違うアイシャドウを、眉下のハイライト用、中間のアイホール用、目の二重幅やきわ用にブラシを分けてつけていきます。眉下には#224Sの毛足の長めな黒毛のブラシ、アイホールには#217Sのふんわりした白毛のブラシ、二重幅や目の際には白毛でコシのある#239Sブラシを使用していきます。

気になるアイシャドウブラシの使い方とつけ方は?

基本的なつけ方ですが、まずは#224Sの黒毛の毛足の長めのブラシで眉下のハイライトをささっと塗ります。毛足が長めなのでふんわりした仕上がりになります。次に1番重要な部分でグラデーションのポイントになる部分なのですが、ここで使用するのはアイホール用の#217Sの白毛のブラシです。こちらのブラシでアイホールに中間色になるアイシャドウをのせていきます。 つけ方は必ず、目のきわからまぶたの上に向かって、下から上にぼかしあげていきます。ブラシを1番最初に置いたところが1番濃くつくので、#217Sのブラシを目じりに置いて、目じりからスタートさせます。グラデーションを作るには下から上に中間色をぼがすことがポイントです。ブラシを車のワイパーの動きのように半円を描きながら、軽いタッチでのせていくと綺麗にふわっと簡単に中間色が塗れますよ!ここができたら後は簡単です。#239Sのブラシで締め色を同じく目尻あたりから黒目の真ん中のきわまでのせて境目がなくなるようにぼかして完成です。 #239Sのブラシはコシがあり、しっかりつけられるブラシなので、きわにしっかりと色をのせるのにぴったりなブラシです。つける部分によって、ブラシの形状を変えてあげると、つき方が変わる分グラデーションを簡単に作りやすくなります。ブラシを使うと簡単にグラデーションを作れるだけでなく、なにより指も汚れずアイシャドウの発色もしっかりつくので簡単かつ素早く綺麗にできます。チップなどはお直しに使用するのがオススメですよ! ラメやパールが入っているアイシャドウの方がぼかしたりしやすいので、ブラシに慣れていない方はラメやパール入りのアイシャドウから使い始めるといいかと思います!

これであなたもプロ級のメイクに

ブラシの使い方に慣れてきたら色味を変えてみたり、マットなアイシャドウに挑戦してみたり、いろいろなメイクができるようになります。時短メイクや、メイクの幅が広がることはもちろん、伏し目になったときに目元のグラデーションが綺麗なアイメイクをされている方はとてもメイクが上手だなと輝いて見えますよね! ブラシは一旦そろえてしまえばずっと使えます。なかなかブラシは高いので手が出づらいですが、メイクの仕上がりに差が出ます!そして質のいいブラシは長持ちするのと、直接お肌に触れるものなので質の良いものを使用することをオススメします。
目を閉じている、グラデーションメイクの写真

ブラシの魅力は伝わりましたか?

ブラシは簡単に、かつ綺麗なメイクにできるツールのうちのひとつです!

関連コラム