おすすめ コンシーラー おすすめ 3選
bookmark_off

肌トラブルの救世主!タイプ別おすすめコンシーラー3選

**Natty**
**Natty**
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.08.21
下地クリームやファンデーション、ハイライト等、沢山のベースメイクに使用するコスメがある中で、みなさんは普段のメイクにおいて【コンシーラー】を活かしていますか?様々なタイプのコンシーラーがあり、どのタイプが自分の悩みに合うのか分からず、悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか? そんな方のために、今回はコンシーラーのタイプ別特徴とオススメ商品についてご紹介していきたいと思います。
シミやくすみ等のポイントカバーが大得意!コンシーラーの役割について
コンシーラーにはどんな種類があるの?
よく動く箇所には【アプリケータータイプ】
色をうまく使い分けて!しぶといクマには【クリームタイプ】
頑固なニキビやシミはこれで解決!【スティックタイプ】
コンシーラーを上手に使ってナチュラル美肌を目指そう!

シミやくすみ等のポイントカバーが大得意!コンシーラーの役割について

肌のコンディションを化粧下地で整え、なりたい質感に近づけるのがファンデーションの役割だと言えるかと思います。 化粧下地とファンデーションだけでは消しきれないシミやくすみ、クマ等が目立ってしまう場合、コンシーラーを使用することによって、肌のトラブルや細部のマイナス部分をポイントでカバーすることが出来ます。 様々なタイプのコンシーラーがある為、使いたい場所やカバーしたい悩みによって上手く使い分けなければ、隠れるものも隠れないなんてことがあります。しっかりとアイテムを活かしきるには、タイプの違いや特徴を理解して自分の肌悩みに合ったコンシーラーを選択することが大切です。

コンシーラーにはどんな種類があるの?

コンシーラーは様々な種類の商品が展開されておりますが、大きく分けて5種類のタイプに分けることが出来ます。 テクスチャーが薄い順に並べると、①筆ペンタイプ②アプリケータータイプ③クリームタイプ④スティックタイプ⑤ペンシルタイプとなります。 今回はその中から、普段のメイクで使用度が高くカバーのしやすい「アプリケーター」「クリーム」「スティック」の3種類について解説と併せて、実際に私が使用しているコンシーラーをご紹介していきたいと思います。

よく動く箇所には【アプリケータータイプ】

先端がチップになっているのがアプリケータータイプ。 柔らかなテクスチャーなので、目の周りのカバーに適しています。筆ペンで隠しきれないクマなどにオススメのタイプです。 私が愛用しているアプリケータータイプのコンシーラーは、『NARS』の「ラディアントクリーミーコンシーラー」と『ザ・セム』の「チップコンシーラー」です。 滑らかさならNARS、カバー力ならセムと使い分けています。 クマの場合は目の下にチップで点置きし、薬指で隠したい点から外側に向けスライドして広げていきます。 コンシーラーをしていない所との境目が出来ない様に、指の腹でトントンとたたく様に馴染ませ、最後はスポンジで吸いムラを調整すれば綺麗な仕上がりになりますよ。
ナーズコンシーラー画像
セムコンシーラー画像

色をうまく使い分けて!しぶといクマには【クリームタイプ】

クリームタイプは、密着力が高く色のバリエーションが多いアイテムが多いです。 また、小さなブラシやチップで直接付けることができますので、ピンポイントで気になる箇所に使用するのが特徴です。 私が愛用しているのは、『ETVOS』の「ミネラルコンシーラーパレット」。 ベージュ2色とオレンジの3色構成になっており、中でもオレンジが青クマのカバーに最適です。クマの部分にオレンジを点のせし、その下にベージュをのせスポンジで肌の色とムラがなくなる様に馴染ませると綺麗にカバーしてくれますよ。 ニキビや小さいシミにはベージュをブラシで直接二回り大きめにのせるのがポイント。周りを指でポンポンと馴染ませることで綺麗に仕上げることが出来ます。 隠したいニキビやシミの部分はあまり触れず、コンシーラーを伸ばしすぎない様に注意してくださいね。
ETVOS ミネラルコンシーラーパレット

頑固なニキビやシミはこれで解決!【スティックタイプ】

スティックタイプの硬さはブランドによって様々ですが、直接塗ることができてクリームタイプよりも広めの面積をカバーすることができるので、赤みのあるニキビなどを隠しやすいです。 私が愛用しているのは、『Visee(ヴィセ)』の「パーフェクトコンシーラー」。 大きめの赤ニキビや濃いめのシミにクリーム同様二回り大きめにのせ、指でポンポンと馴染ませています。 テクスチャーは固めなので、頬や顎下、おでこなどの広い部分のカバーに使用するのがおすすめです。 よく動かす、口周りや目の周りには不向きかと思います。
VISEE パーフェクトコンシーラー

コンシーラーを上手に使ってナチュラル美肌を目指そう!

各種コンシーラーの特徴について、少しでも理解を深めて頂けましたでしょうか? ホルモンバランスや環境、ストレス等によって起きてしまう肌トラブルが原因で、『ファンデーションが上手くのらない!』という時はありませんか?そんなピンチをカバーしてくれる救世主がコンシーラーです! 現在のコスメ業界では沢山の種類のコンシーラーが流通しています。肌のお悩みは人それぞれ異なるかと思いますので、色々と試しながら、自分のお肌に合った相性の良いコスメを見つけてみてくださいね!一緒にナチュラル美肌を目指していきましょう!

関連コラム