4アイテムすべて写っている写真
bookmark_off

素肌が喜ぶ!ナチュラルメイクでトレンドフェイスに

cocoro
cocoro
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2021.01.13
「肌につけるものはナチュラルなもので揃えたい」という方も多いのではないでしょうか?オーガニックやミネラルコスメなど、肌への負担が少ないメイクアップアイテムをピックアップしました。
みずみずしい目元に「to/one ペタルリキッドアイシャドウ」
豊富なカラーで自分好みのカラーが見つかる「to/one ペタルアイシャドウ」
ツヤとトーンアップを叶える「FUMMUE トーンアップUVケアクリーム」
潤いに満ちたツヤ肌へ!「MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション」

みずみずしい目元に「to/one ペタルリキッドアイシャドウ」

オレンジのカラーのボトル本体が写っている写真
『to/one(トーン)』の「ペダルリキッドアイシャドウ」は、花びらに宿る光を集めて散りばめたようなみずみずしい輝きのウォーターベースのリキッドアイシャドウ。 ペールグリーン、ベージュピンク、コッパー、ミスティーパープル、ミスティーアッシュ、オレンジ、カーキ、ペールライラックの8色展開でバリエーションが豊富です。
オレンジのリキッドシャドウを手の甲に出した写真
写真は「06 オレンジ」。絶妙なこなれ感の出るカラーで一気にお洒落な雰囲気に。シルバーラメが入っていて、ぼかすとキラキラと淡く輝きます。透け感があるので、派手にならず使いやすいです。 リキッドアイシャドウは水分が多い分、ヨレやすいのですが、「ペタルリキッドアイシャドウ」は、すぐに乾き、まぶたにピタッと密着。二重幅に溜まることなく、下まぶたにも色が移ってしまうなんてことありません。

豊富なカラーで自分好みのカラーが見つかる「to/one ペタルアイシャドウ」

イエローのアイシャドウ本体の写真
『to/one』の「ペタルアイシャドウ」は、美しい発色と21色という豊富なバリエーションで人気を集めています。上下2つのカラーがセットされているので単色でも、混ぜても使うことがでいます。
イエローのアイシャドウを手の甲に出した写真
写真のカラーは「03 ゴールドイエロー」。右上にゴールド、左下にイエローが入っています。一見チャレンジカラーに見えますが、肌にのせると自然に馴染みます。ポイント使いをすることで、トレンド感たっぷりの目元に仕上げることができますよ。 右上のカラーをベースにして左下を目元の中央にアクセントとしてのせたり、下瞼全体に左下のイエローを入れると一気にお洒落な顔に!キラキラとゴールドのラメが輝き、目元を明る印象へ導いてくれます。

ツヤとトーンアップを叶える「FUMMUE トーンアップUVケアクリーム」

黒のチューブ本体が写っている写真
SPF50/PA+++をオーガニックコスメで実現させた『FUMMUE(ファミュ)』の大人気アイテム「トーンアップUVケアクリーム」。 ベルベットのような滑らかなテクスチャーで肌に極薄膜を形成し、肌色をさりげなくトーンアップして透明感を与えてくれます。 パールレスで光りすぎないので、肌に上品な明るさをプラスしてくれ、上からハイライトを塗ってもテカリに見えないのが、使用しやすいポイントのひとつ。 ユーカリとジャスミンの心穏やかになれる爽やかな香りも魅力のUVケアクリームです。
日焼け止めを手の甲に出した写真
時間が経っても小鼻周りの崩れも気にならず、程よくツヤっとしています。また、パウダーやリキッド、クッションなど、ファンデーションのタイプを問わず、オールマイティに使用することができます。

潤いに満ちたツヤ肌へ!「MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション」

mimcと書いてあるパッケージが写っている写真
『MiMC(エムアイエムシー)』の「ミネラルリキッドリーファンデーション」は美容液のように溶け込み、軽やかにフィットするクッションファンデーション。みずみずしい素肌を思わせる”自然な透明感”と”ツヤ肌”へ導いてくれます。 先程の「FUMMUE トーンアップUVケアクリーム」と併用すると、より素肌から光が溢れるような肌に仕上がります。 美容液をたっぷり含んだミネラルパウダーが空気や肌の温度にシンクロし、ゆっくり溶けて馴染んでいきます。そのため、メイク中もスキンケアの直後のような潤いの満ちた肌が続きます。
ファンデーションを手の甲に出した写真
SPF20/PA+++で、日常使いには十分なUV効果。石鹸落ちというのも嬉しいポイントです。 花粉やマスクで肌荒れが気になっていた時も、ナチュラルに素肌をカバーすることが出来るので、ストレスなく使用できます。 しっかりカバーしたい時は上から部分的にコンシーラーを使用すると、よりカバー力がアップ。マスクをする時は、こすれに強くするため鼻周りなどマスクに当たる部分は、おしろいを上から少量つけるのが良いでしょう。

関連コラム