プチプラ コンシーラー 使い方 クマ シミ ニキビ
bookmark_off

【クマ・シミ・ニキビ】正しいコンシーラーの使い方を知ろう!

みーな
みーな
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.08.19
皆さんは正しくコンシーラーを使えているでしょうか。コンシーラーといっても様々な種類・色があり使いこなすのも難しかったりしますよね。 目的・自分に合った色を使わないとカバーしたい部分が隠れるどころか逆に目立ってしまうこともあります。 そんなことを防ぐために今回はコンシーラーの種類から使い方、そしておすすめのプチプラのパレットコンシーラーを2つ紹介していきます。
コンシーラーの種類と特徴を覚えて自分に合うものを選ぼう
悩みに合わせてコンシーラーの色を変えよう!色選び・使用方法についてご紹介
好みのカラーが簡単に作れる!キャンメイクの優秀パレットコンシーラー
コンシーラーだけじゃない!マルチに使えるKissの万能パレットコンシーラー
コンシーラーをマスターして自信の持てる肌に

コンシーラーの種類と特徴を覚えて自分に合うものを選ぼう

まずはコンシーラーの種類・特徴について説明していきます。 コンシーラーを正しく使用するには種類・特徴について知ることが大切です。
プチプラ コンシーラー 種類 特徴 リキッドタイプ クリームタイプ
コンシーラーには大きく分けてリキッドタイプ・クリームタイプの2つのタイプがあります。

【リキッドタイプ】

柔らかくて伸びが良いのがリキッドタイプの特徴。薄づきで厚塗り感も出ずナチュラルにカバーしてくれます。 口周りや鼻周りなど薄く仕上げたい部分におすすめ。肌馴染みもよくコンシーラーが苦手な方でも使いやすいタイプです。

【クリームタイプ】

硬めのテクスチャーで、しっかりカバーしてくれるのがクリームタイプの特徴。クマやシミ、ニキビやニキビ跡をカバーするのにおすすめです。ただし、つけすぎると厚塗り感が出てしまうので注意が必要。 複数の色が入っており、自分好みの色に調節できるパレットタイプも販売されていたりします。

悩みに合わせてコンシーラーの色を変えよう!色選び・使用方法についてご紹介

カバーしたい部分によって使用するコンシーラーの色も変わってきます。 上手に色を使い分けて気になる部分をカバーしていきましょう。

【ニキビ・ニキビ跡】

赤みを消すためにイエロー系のコンシーラーを使いましょう。また、自分の肌より暗めの色を選ぶのがおすすめです。

【茶グマ(上を向いたときや目の下を伸ばしたときに薄くならないクマ)】

摩擦による色素沈着やシミが原因のクマです。イエロー系のコンシーラーを使いましょう。

【青グマ(上を向いたときや目の下を伸ばしたときに目立たなくなるクマ)】

血行不良・寝不足・目の疲れが原因のクマです。オレンジ系のコンシーラーを使いましょう。

【黒グマ(上を向いたときや目の下を伸ばしたときに薄くなるクマ)】

加齢によるたるみが原因のクマです。肌の色に近いベージュ系のコンシーラーを使いましょう。 濃いクマの場合は、肌より少し濃いめでオークル系のコンシーラーを使いましょう。
プチプラ コンシーラー 使い方 色別
次に、コンシーラーの基本的な使い方を紹介します。

【塗り方】

カバーしたい部分に、ひとまわり程大きく塗ります。そして、コンシーラーと肌の境目をぼかすように馴染ませて伸ばしていきます。 ただし、カバーしたい部分に触れてしまうとコンシーラーが取れてしまうので触れないよう注意しましょう。

【使用する順番】

コンシーラーを使用する順番は、ファンデーションのタイプによって変わってきます。 パウダータイプのファンデーションの場合は、ファンデーションの前にコンシーラーを、リキッドタイプ・クリームタイプのファンデーションの場合は、ファンデーションの後にコンシーラーをつけましょう。

好みのカラーが簡単に作れる!キャンメイクの優秀パレットコンシーラー

ここからは、おすすめパレットタイプのコンシーラーを2つ紹介していきます。 まずはじめにおすすめするのは、『CANMAKE(キャンメイク)』の「カラーミキシングコンシーラー02番」。 3色のコンシーラーが入ったパレットタイプで全部で3種類のカラー展開があり、自分の肌悩みや使いたい目的に合わせて色を選びましょう。 今回紹介する02番は標準肌〜黒肌の方ににおすすめのカラー。 3色左から「クマ・ハイライト」「くすみ・赤み」「シミ・ニキビ跡」に使用するのがおすすめ。 パレット一番左に色を混ぜられるスペースがあるので、自分だけのオリジナルカラーを作って使用することもできます。
プチプラ コンシーラー CANMAKE カラーミキシングコンシーラー
テクスチャーは硬めですが、肌にのせてみると意外と伸びが良く肌に負担なくつけられます。 カバー力がしっかりあるので、簡単に気になる部分を消してくれます。ただし、つけ過ぎると厚塗り感が出てしまうので注意が必要です。 よれることも落ちることもなく、長時間キープしてくれます。 ケースもコンパクトで持ち歩きコスメにも向いていて、ミラーとチップブラシがついているので外でも簡単にお直しができます。 SPF50+/PA++++で紫外線対策もでき、プチプラなのに優秀なコンシーラーです。

コンシーラーだけじゃない!マルチに使えるKissの万能パレットコンシーラー

次におすすめするのは、『Kiss(キス)』の「メイクリタッチパレット 02Natural」。 コンシーラー・保湿効果のあるマルチバーム・ツヤ&立体感を出してくれるハイライターまで入っている万能アイテム。 カラーは、01Lightと02Naturalの全2種類あり自分の肌に合う色を選べます。 パレット1番上がマルチバームで保湿と共に皮脂くずれを防止してくれます。滲んでしまったアイメイクなど、マルチバームを綿棒などに馴染ませて拭き取れば簡単に修正することもできます。 真ん中は、オレンジ系のコンシーラーで、青クマ・くすみ消しに特におすすめのカラー。 1番下がハイライターでツヤ、立体感を出してくれます。
プチプラ コンシーラー kiss メイクリタッチパレット
おすすめの使用方法は、まずマルチバームを乾燥が気になる部分に優しくたたき込むように塗ります。 次にコンシーラーで気になる部分をカバーしていき、最後にハイライターをツヤ・立体感の出したい場所に軽くつけて完成。 こちらは付属のブラシはついていませんが、指で塗ってもしっかりカバーできます。衛生面など気になる方は、専用のブラシを購入して使用するといいでしょう。

コンシーラーをマスターして自信の持てる肌に

今回紹介したコンシーラーはどちらもプチプラです。 コンシーラーの使用方法をマスターして、気になる部分をカバーし自信の持てる肌に仕上げましょう。

関連コラム