セザンヌ パールグロウハイライト2種類
bookmark_off

顔型・お悩み別!肌本来の美しさを叶えるハイライトの使い方

みしま
みしま
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.08.19
今年のトレンドであるツヤ感。下地やファンデーションなど、ツヤ感は様々なメイクアイテムで作ることができます。 なかでも、魅力的なツヤ肌になるために欠かせないのがハイライト。ハイライトは、簡単にツヤのあるお肌を手に入れることができます♡ 今回はそんなハイライトの使い方と、プチプラからわたしおすすめのハイライトをご紹介! 顔の形や悩みに合わせてお伝えしていきますので、ぜひ読んでみてください♪
顔型・お悩み別♪ハイライトの基本の入れ方
コスパ抜群の優等生♡セザンヌ パールグロウハイライト
光の効果でツヤのある美肌を手に入れよう♡

顔型・お悩み別♪ハイライトの基本の入れ方

丸顔さんにおすすめのハイライトの入れ方

丸顔さんのイラストとハイライトの入れ方
丸顔さんは、基本的に「縦のライン」を意識してハイライトを入れることで、すっきり小顔に見せることができます。 【Tゾーン】 Tゾーンは鼻筋を長めに入れ、顔の中心に縦のメリハリをつけることでシュっとした印象に。 このとき、あまり太く入れすぎるとテカリや大顔に見えてしまうことがあるため、自分のパーツの大きさに合わせてシャープな光を入れましょう。 【頬】 丸顔さんが頬にハイライトを入れる際は「斜め」を意識。横に入れてしまうと、顔の幅が強調されてしまうので注意が必要です。 頬骨の高い位置でコンパクトにハイライトを入れることによって、自然な美肌を演出できます。 【顎】 縦のラインを出したい丸顔さんには、顎先にハイライトを入れるのもおすすめです。 このときは、小さめの三角形を描くようにすると、丸みのある印象を緩和することができます。

面長さんにおすすめのハイライトの入れ方

面長さんのイラストとハイライトの入れ方
面長さんのハイライトは、横幅を増やすことよりも、縦を強調しすぎないように意識することが重要です。 【Tゾーン】 面長さんの場合、Tゾーンへのハイライトはよりコンパクトに。 特に鼻筋は控えめにしましょう。鼻先まで伸ばさず目頭あたりでストップさせることで、縦のラインを増やさずにメリハリをつけることができます。 ツンとした鼻に魅せたい場合は、プラスで鼻先にちょこんとハイライトを置くのもおすすめです。 【頬】 頬にふっくらと丸みを持たせたいので、頬骨の高い位置から外側にハイライトを入れましょう。 このときは、「横」の向きを意識して楕円系に入れるのがポイントです。こうすることで、頬から下の部分がキュッと引き上げて見えます。 【顎】 面長さんの場合、顎先にハイライトをしっかり入れてしまうと縦のラインがより強調されてしまいます。 シャープな顎に魅せたい場合は、唇の下あたりにハイライトを入れ、フェイスラインはシェーディングで整えるのがおすすめです。

お悩み別ハイライトの入れ方

ハイライトをつけた頬のアップイメージ画像
①頬が痩せている 骨格などで頬の痩せが気になる方や、三角型の骨格の方におすすめなのが、頬の低い位置へ入れるハイライトです。 通常フェイスラインはシェーディングなどですっきり見せたいもの。しかし頬がシャープな方は、シェーディングをすると不健康に見えてしまう場合も。 逆にハイライトを入れることによって、ふっくらと健康的な印象に近づけることができます。 ②目を大きく見せたい 印象的な目元を作るには、目頭へのハイライトがおすすめ。俗に「女神スポット」とも呼ばれる、目頭へ「くの字」型にハイライトを入れる方法です。 目頭にツヤが生まれることで、切開ラインがぷっくりと強調されメリハリのある目元にすることができます。 このとき、あまり大げさにハイライトを入れてしまうと、派手な印象になったり、離れ目さんの場合は目の間が強調されてしまいます。 切開ラインの形に添うように、さりげなくハイライトを入れるのがポイントです。 ③唇をふっくらさせたい 唇が薄かったり、山のある魅力的な唇にしたいときにもハイライトが使えます。 唇の山となる部分にハイライトをのせることで、立体的でふっくらとした唇に魅せることが可能です。 口元にツヤがあると、それだけで健康的な印象や色っぽさが生まれます♪

コスパ抜群の優等生♡セザンヌ パールグロウハイライト

最後に、わたしが愛用しているおすすめのハイライトをご紹介します。
セザンヌパールグロウハイライトとスウォッチ
『CEZANNE(セザンヌ)』「パールグロウハイライト」。 プチプラの定番ブランド・セザンヌから発売されている、パールのツヤ感が綺麗なハイライトシリーズです。 ぎっしりとパールがつまっており、ツヤを与えてくれるだけでなく光の効果で美肌魅せしてくれます。 わたしが持って愛用しているカラーは「シャンパンベージュ」と「ロゼベージュ」。 シャンパンベージュは、明るいベージュカラーのパールが配合されており、パッと明るいツヤ肌へ導いてくれます。 鼻筋や頬の高い位置など、とくに光を入れて目立たせたい部分に使うのがおすすめです。 ロゼベージュは、血色感のあるナチュラルなカラーが魅力。肌から浮きづらく、じゅわっと健康的なツヤ感を演出してくれます。 色白さんならチークのように使うこともできる可愛いカラーです。 鼻筋などの目立つ部分に使うよりも、頬や顎先などに使うことでナチュラルな美肌を演出できます。

光の効果でツヤのある美肌を手に入れよう♡

ここまで、顔型・お悩み別にハイライトの入れ方をご紹介してきました。 ハイライトは、自分の顔の形を活かしながらお悩みをカバーできるアイテムです。 光を上手く使いこなせるようになると、どんな表情も美しく見せることができちゃいます♡ また、肌にツヤ感を与えることはヘルシーで自然な印象を生み、肌本来の美しさを際立たせます。 ぜひみなさんも、自分の顔型やお悩みにあったハイライトの入れ方で、美肌魅せに挑戦してみましょう!

関連コラム