【普段のリップにプラス】エテュセ リップエディション
bookmark_off

【普段のリップにプラス】エテュセ リップエディション

satsuki
satsuki
ビューティーブロガー
2020.08.18
イエベ、ブルベと最近何かとコスメ選びの基準になりつつありますが、今回ご紹介するリップはイエベもブルベも関係なく馴染むリップグロス。早速ご紹介していきます。
大幅にブランドリニューアルをした「エテュセ」から登場したリップエディション
付けてみるとこんな感じの発色
この透け感だからこそできる、ニュアンスチェンジアイテム
まさにプチプラ以上の使用感。ヘビロテ、追いカラーの予感・・・

大幅にブランドリニューアルをした「エテュセ」から登場したリップエディション

バラエティショップやドラッグストアでも手に入る身近なコスメブランドとして愛されているエテュセ。今回グラフィックデザイナー吉田ユニさんをアートディレクターに迎え、ビジュアルを大きく一新しました。 シンプルで洗練されたモードなパッケージはお洒落感度の高いメイクフリークたちの中でも発売間もなくすでに話題の的となっています。 今回取り上げるリップエディションは、リップグロスとしても使えますが、唇美容液として塗りながら唇ケアをしてくれるアイテム。カラーバリエーションも豊富で、どのカラーもお洒落なので、つい迷ってしまうそんな遊び心たっぷりのリップグロスです。

トレンドカラーでもおなじみのクリアオレンジ。

今回私が選んだのは03ビタミンオレンジ。 名前の通りビタミンたっぷりのジューシーな果実のようなぱっと明るいクリアなオレンジです。トレンドカラーでもありますが、季節的にもクリアなオレンジって心を引かれる部分がありますよね。 秋冬はマットなオレンジやオレンジブラウンにはまっていて、ちょっと雰囲気が変わってきたかなというときにどんぴしゃなのがこの手の透け感のあるオレンジなのです。

付けてみるとこんな感じの発色

実際に付けてみると発色はぱきっとせず、このように元の唇の色がそのまま出るような透け発色です。グロス自体のカラーは濃いオレンジだったので、もっとしっかり発色する感じがしたのですがそこまで強く発色はしないようです。 まっさらな状態の唇にそのまま塗ると、少し黄色みがかった感じで血色感を上げてくれるような健康的な色みです。しっかりオレンジを発色させたい場合は重ね塗りすればほんのり色味が強くなるので色味を調節できるのもうれしいポイント。 さりげなくゴールドのラメが入っているのですが、ラメが目立つ感じでもないので学生さんや濃いメイクがNGな職場の方も気軽に付けられるのではないでしょうか。近づいたときにだけ分かるラメ感ってお洒落ですよね。 こっくりとした感じの重ためのテクスチャーで、ゼリーのようなぷるんな見た目になるのでこのグロス1本で使ってもとてもかわいいです。

なんだかんだ「オレンジ」ってパーソナルカラー関係なく誰でも使える万能カラー

冒頭でも挙げましたが、今パーソナルカラーがとてもはやっていて、コスメを選ぶときにイエベ、ブルベに振り回されてしまっている人も多いはず。そんな人にも朗報のカラーがこちらのオレンジなのではないでしょうか。 オレンジってなんだかんだ日本人なら似合ってしまう万能カラーなんですよね。エテュセのリップエディションは「ブルベでも、イエベでも自然になじんでべたつかない新感覚グロス」と唄っていて、付けたい色を自由に選べる気持ちにさせてくれるキャッチフレーズがこの時代にとても印象的でした。 確かにパーソナルカラーに合ったカラーを身に付けることで美しさをさらに引き立ててくれる効果もあると思いますが、逆にパーソナルカラーに縛られすぎてコスメを選ぶ楽しさだったり、自分のきれいになる可能性が半減してしまっては本末転倒でもったいないような気がしますよね。そういう意味でも今回こちらのリップエディションは、店頭でも選ぶのがとても楽しくなるアイテムです。

この透け感だからこそできる、ニュアンスチェンジアイテム

もちろんこのグロスがすごくはっきり発色していればまたパーソナルカラーとして似合い方が違ってくるものだと思うですが、このリップグロス自体のちゅるっとしたゼリーのようなテクスチャーと絶妙な透け感はニュアンスチェンジアイテムとしても抜群に効果を発揮してくれます。 ほかのリップカラーで合わせてみることにしました。

季節に合わない色や普段使わない色も復活するかも。

手持ちのリップ(コーラルピンク、ボルドーレッド、レッド)でリップエディションをプラスした感じを試してみました。 どのリップも少しハーフマットな感じのものを使用しているので、リップエディションを使うことでそもそもテクスチャーも大きく変化。ボルドーレッドやレッドはそのままだと少しきつかったり、強い印象になりがちですが、ちゅるんとした厚みのあるテクスチャーでぼかすだけで角のない少し柔らかい雰囲気になるのでそれだけでもこのように濃い色味や秋冬感の強い色みのリップが使いやすくなると思いました。 オレンジ×ボルドーレッドなんかはベリー系のかわいい雰囲気になり、印象が変わるのでオススメです。個人的に一番気に入っているのはコーラルピンクなのですが、そのまま塗ると少し白っぽいコーラルピンクでちょっと浮いてしまっていて使いこなせていなかったのですが、リップエディションを重ねるとオレンジ感が増すので、理想通りのコーラルオレンジをつくることができました。

まさにプチプラ以上の使用感。ヘビロテ、追いカラーの予感・・・

1,200円とプチプラなので学生さんを始め、さまざまな女性がコスメを楽しめるリップグロスが登場して、とてもうれしい気持ちになりました。オレンジはもちろん、レッドやピンク、ミントグリーンのようなひとくせあるカラーまでカラーバリエーションも豊富なので、ぜひ自分の直感に従って、使ってみたいカラーをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

関連コラム