ヘアスタイル
bookmark_off

チラッと白髪発見…白髪染めを覚悟する前に「ハイライト」はいかが?

HAIR(ヘアー)
HAIR(ヘアー)
2020.11.04
白髪が目立ち始めたら、白髪染めの前にハイライトを使って部分的に白髪カバーしましょう。全体を染めるよりもダメージを抑えられますし、ハイライトによって立体感のある若々しい髪色になりますよ!
いい役目をしてくれるハイライトカラー
白髪隠しはハイライトでおしゃれにカバーしよう

いい役目をしてくれるハイライトカラー

イメージ①

永尾 拓也/unopulir LOG梅田茶屋町店(ウノプリール)
大人の落ち着いたブラウンカラーに、ワントーン明るい色のハイライトをプラス。白髪が目立つ部分を中心にハイライトカラーを入れるだけでいいから、髪全体に白髪染めをしなくても大丈夫。ハイライト効果で髪色に立体感も出せて、髪全体がボリュームアップして見える効果も。

イメージ②

三田和磨/FEERIE GINZA
グレージュカラーのワントーン明るいカラーを入れたハイライト入りボブ。ハイライトを入れれば白髪を隠せるだけではなく、立体感効果でふんわり柔らかな髪質に見せることもできます。部分的に明るいカラーを入れるだけなので、髪のダメージも抑えられます。

イメージ③

Mirai/enntaku
ハイライトカラーは内側にできた白髪カバーにも効果的。内側に入れるとインナーカラーのように仕上がり、耳かけやまとめ髪アレンジをしたときにカラーの変化をアピールできます。おしゃれに白髪隠しをしつつ、カラーデザインも楽しめるのが魅力です。

白髪隠しはハイライトでおしゃれにカバーしよう

ハイライトなら白髪をカバーしつつ、外国人のようなおしゃれな髪色も楽しめます。全体を染める前に、ハイライトでカバーできるかスタイリストさんに相談してみましょう。がっかりする白髪隠しもハイライトなら楽しんでカバーできますよ!

関連コラム