LANCOMEグランディオーズの画像
bookmark_off

長さとボリュームのあるまつ毛で目元に力強い印象を

miho
miho
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.11.09
まつ毛の存在感を出すと目元が力強い印象に。 そのためにはボリューム、長さともに十分なマスカラを選ぶことが大切です。今回は、その2点に加えてセパレート感も出すことができるマスカラをピックアップ。
深い漆黒のマスカラで目元を印象付ける
「グランディオーズ」で長くボリュームのあるまつ毛に

深い漆黒のマスカラで目元を印象付ける

『LANCOME(ランコム)』の「GRANDIOSE(グランディオーズ)」は、扇のように綺麗なセパレートのまつ毛にすることができるマスカラ。 まつ毛1本1本とマスカラ液がしっかりと絡むことで、すべてのまつ毛にハリと太さと長さを与えます。 カラーは「ノワール ミリフィック」という漆黒1色のみですが、ツヤのある深い黒色が目元の印象をぐっと強くします。 目力を強くしたい、いつもよりも気合いを入れたメイクをする日に使用することで、普段よりも惹きこまれるアイメイクに。
LANCOMEグランディオーズのスワンネック部分の画像

「グランディオーズ」で長くボリュームのあるまつ毛に

独特な形状のマスカラブラシが塗りやすい秘訣

「グランディオーズ」の最大の特徴は、""スワンネック""と呼ばれる特殊な形状のマスカラブラシ。 25°に曲がった斬新なブラシは様々な目の形にフィットします。 スワンネックのヘッドの向きを回転させて持つことで、利き手ではない手でもマスカラを塗りやすい仕様に。 ブラシ部分は約2センチと小さいため、中心の長いまつ毛だけでなく、印象を持たせたい目尻や目頭といった細かい部分の短いまつ毛も逃さず簡単にキャッチ。ブラシの毛は短く太め、 そしてシリコンのような少し硬めの素材でできています。しなったり柔軟性があるようなタイプではないので、しっかりとまつ毛を捉え、1本1本にマスカラ液を塗ることができます。 伸びよく塗ることができるため、ダマになるストレスなくまつ毛にマスカラを塗ることができるのが嬉しいですよね。
LANCOMEスワンネック部分のアップの画像

パンダ目にならずにオフしやすい手軽さ

お湯で簡単にオフが出来る点もポイント。お湯とマスカラが馴染みにくいということや、繊維が落ちきらずに残ってしまうこともありません。 もちろん、クレンジングを使用しても素早くしっかりと落とすことができます。 お湯でオフができる手軽さですが、滲みやすくパンダ目になってしまうことはありません。 日常生活の範囲内であれば滲むことはありませんが、夏のように暑い季節やサウナ・岩盤浴といったような高温多湿な空間で汗をかくと滲みやすくなってしまうので、マスカラ下地やマスカラ用トップコートを併用するとさらに滲みづらくなりますよ。 また、目元にパウダーをはたいてからマスカラをすることも、パンダ目対策になります。

華やかな印象を与える目元づくり

「グランディオーズ」は、まつ毛に長さとボリュームのどちらも欲しい、という方にぴったり。 自まつ毛が薄く目元の印象がパッとしない人でも、マスカラでしっかりとまつ毛に存在感を与えることで、目元が華やかな印象になります。 ボリュームアップをしてもバサバサしたり下品な印象になることはなく、スッとした長さが出るセパレート感のあるまつ毛の仕上がりに。 日常的なメイクとして使用する場合には、1度軽くつけるだけで目元にぱっちりとした印象を与えることができますよ。 2度重ね塗りする場合には、マスカラ液をよく扱いて毛先をとかすように素早く重ねることが、綺麗な仕上がりになるコツ。ジグザグと動かすよりもスッとまつ毛を伸ばすように塗ることが大切です。 下まつ毛に塗る際も同様に毛先を伸ばすイメージで塗ることで、綺麗なセパレートになり長さも出すことができます。
LANCOMEグランディオーズのパッケージの画像

カールをキープするためには自まつ毛をしっかり固定

「グランディオーズ」を使う際に注意したいポイントは、カールのキープ力です。 マスカラ液が重めなため、液自体のカール力を頼るよりも自まつ毛をしっかりと上げてから塗ることで、長時間キープに繋がります。 初めにビューラーを使用してまつ毛を上げ、マスカラ下地を塗ってから再度ビューラーを使用することで、まつ毛が上がった状態をキープ。 ホットビューラーを使用する場合にはこの段階で使用しましょう。グランディオーズを塗ってからホットビューラーを使用すると、マスカラ液がとけてしまい、せっかくの綺麗なマスカラが崩れてしまう可能性があるためです。 グランディオーズを塗った後、お化粧直しの際などにまつ毛を上げたい場合にはビューラーを使用しましょう。 一方で、しっかりとまつ毛を上げずに、グランディオーズ本来の自然なカール感を生かしたアイメイクも魅力的です。長さのあるセパレートなまつ毛にすることで、アンニュイで繊細な雰囲気をつくることができ、下を向いたときに綺麗で印象的な目元を演出できます。 なりたい雰囲気に合わせてマスカラの塗り方を変え、目元の印象に変化を持たせてみるとワンランク上のアイメイクに仕上がりますよ。

関連コラム