フローラドリップの画像
bookmark_off

美容液級!とろみ発酵化粧水「フローラドリップ」の魅力

みしま
みしま
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.11.06
SNSや各雑誌で話題の化粧液「フローラドリップ」。乾燥が気になる、ハリ・ツヤが欲しい、キメをふっくら整えたい。そんなお悩みにアプローチする万能化粧液です。
ふっくらうるおして高保湿!秋冬の化粧水選びはハリ感重視
内側からふっくらケア!高保湿化粧液・「フローラドリップ」

ふっくらうるおして高保湿!秋冬の化粧水選びはハリ感重視

フローラドリップの画像
乾燥の気になる季節、特に悩むのが化粧水や乳液などのデイリーケアですよね。 しっかり保湿しているつもりでも、寝ている間に乾いて朝起きるとお肌がパサパサ…ということや、日中も時間が経つにつれて肌が乾きメイクが乾燥崩れ…なんてことも起こります。 そんな乾燥が本格化する季節のスキンケアは、内側からふっくらうるおすアイテムを選ぶことです。 内側からふっくらうるおすというのは、いわゆるハリ・弾力のある肌を作るケアのこと。ハリ・弾力と聞くと、「自分にはまだいいかな」と思う方もいるかもしれませんが、実はハリのある肌のケアはどの世代にも需要なことなんです。 肌は一年中、紫外線や摩擦・乾燥をはじめ沢山の刺激を受けています。それらの刺激によるダメージが蓄積すると、肌表面だけでなく肌の奥にある「ハリ」を作る層にまで影響が出てしまうんです。 蓄積されたダメージは知らない間に定着してしまってケアが大変になる事もあります。そのため、乾燥が気になり始める季節、ダメージを溜め込まいためにも内側からふっくらうるおすケアがとても重要なんです。

内側からふっくらケア!高保湿化粧液・「フローラドリップ」

フローラドリップのとろみがわかる画像
そんな内側からのうるおいケアにピッタリなのが、『ALBION(アルビオン)』の「フローラドリップ」。 使用タイミングは一般的な化粧水と同じですが、こちらは濃密なとろみが特徴の「化粧液」として販売されています。 特徴的な成分として、『ALBION(アルビオン)』が開発した「ミュラ」という独自美容成分を配合。厳選された5種類のハーブ(※)を、「しらかみ」というこだわりの麹菌で発酵させた美肌成分で、しっかりと肌をうるおいで満たしハリのある状態へ導いてくれます。 「フローラドリップ」を使用すると、やわらかくもっちりとした弾力のある肌に。

ハリ感アップでうるおったツヤも

フローラドリップと手の画像
『ALBION(アルビオン)』の「フローラドリップ」の魅力は、保湿力だけではありません。 「フローラドリップ」が角層全体をうるおいで満たしてくれることで、肌に輝きが生まれ素肌からツヤのある状態へと導いてくれます。 そのため、「フローラドリップ」を使用した直後の肌にはつるんと明るいツヤが。キメがふっくらと整いハリがある状態にすることで、凹凸も目立たなくなり光を綺麗に反射するツヤ肌を手に入れることができます。 ツヤ肌がトレンドな2020年、ベースメイクだけでは叶えられない内側からの素肌美ってすごく憧れますよね。保湿力だけでなくツヤ感のある肌になれることも、「フローラドリップ」が人気な理由のひとつなんです。

ふんわり優しい芳醇な香り

フローラドリップと花の画像
「フローラドリップ」の大きな特徴のひとつが香りです。 〝発酵〟というイメージから、香りに対して少し不安を感じる方も多いと思いますが、「フローラドリップ」の香りはふんわりと優しく香るハーブのいい香り。 薬品のようなクセのある香りではなく、森の中にいるようにゆったりと、そしてほのかにフローラルな華やかさもある芳醇な香りは、ただ「いい匂い」というだけではない魅力的な香り。 香りにもこだわる事で、日々のスキンケアも楽しい時間に変わっていきます。

「フローラドリップ」の使い方

フローラドリップをコットンに出した画像
洗顔後、もしくはブースターをの直後に手かコットンで肌にのせます。 手に「フローラドリップ」を取り、両手に温めるように広げてから、顔を包み込むようにつけていきます。この時、手で温めるように広げる事と、包み込むようにハンドプレスをする事で、「フローラドリップ」特有の芳醇な香りにを楽しむ事ができます。 スペシャルなケアをしたいときにはコットンで丁寧に。「フローラドリップ」をコットンにたっぷり含ませ、優しくパッティングします。 化粧液特有の〝とろみ〟と〝やわらかさ〟を存分に実感。さらには、コットンを「フローラドリップ」でひたひたにしたコットンパックで贅沢なケアをすることも。濃密なハリ感と満たされたうるおいがスペシャルな気持にさせてくれます。 ※コウスイハッカ、カワラヨモギ、マグルマギク、タチジャコウソウ、ヤマヨモギ

関連コラム