PREQUAモイスチャーウォータークレンジングの画像

クレンジングウォーターで拭き取るだけの簡単メイク落とし

bookmark_off
miho
miho
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
毎日のクレンジングが億劫だと感じる日はありませんか? クレンジングウォーターを使用すれば、拭き取るだけでさっぱりとした仕上がりに。 コスパが良く、たっぷりと使用できるアイテムをご紹介します。

1

クレンジングウォーターは手軽にさっぱりとメイクを落とせる

2

汚れをしっかりと落とすことができる水ベースのクレンジング

1

クレンジングウォーターは手軽にさっぱりとメイクを落とせる

疲れて帰宅した日や、夜遅くに帰宅した日など、メイクを落とすことすら億劫に感じる日もありますよね。 落とさなければ肌荒れの原因になってしまうと分かっていながら、メイクを落として洗顔もして、という手順が煩わしく感じることは、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。 そんな時におすすめしたいアイテムが、クレンジングウォーター。コットンに浸して拭き取るだけで、簡単にメイクを落とすことができるアイテムです。 メイクは水と馴染みにくく落とすことが難しいイメージですが、クレンジングウォーターには油分汚れを落とす成分として界面活性剤が含まれていることにより、メイクをしっかり落とすことができるのです。 様々なアイテムがある中でも特に使い勝手がいいのが、『PUREQUA』の「モイスチャーウォータークレンジング」。 500mlで657円(税込)と非常にコスパ良いこちらのアイテムは、惜しむことなくたっぷりと使用することができる点がポイント。 クレンジングウォーターはたっぷりと使用する必要があるため、コスパが良いアイテムがおすすめです。

2

汚れをしっかりと落とすことができる水ベースのクレンジング

拭き取るだけで手軽にしっかりとメイクを落とすことができる

クレンジングウォーターは、コットンに浸して拭き取るだけで簡単にメイクを落とすことができるアイテム。 洗い流す必要がなく、手間が少ない点がポイントです。 一般的なオイルクレンジングは、メイクとクレンジングをしっかりと馴染ませてから洗い流す必要がありますが、ウォータークレンジングはコットンに含ませて拭き取るだけで良いので、クレンジングが億劫な時でも手軽に行うことができます。 そして、水ベースであるにも関わらず、オイルクレンジング並にしっかりと落とすことができるので、追加で洗顔をする必要がありません。 どれほどのメイクを落とす力があるのか、実際に腕に書いた眉ティントで試していきます。
ウォータークレンジングを使用する前の眉ティントの画像

ウォータークレンジングのポイントはコットンにたっぷり浸すこと

ウォータークレンジングでオフする方法はシンプル。 まずはモイスチャーウォータークレンジングをコットンに含ませます。 ボトルはポンプ式なので、クレンジングウォーターを出す量を調節しやすい点が使いやすいです。このときに、クレンジングウォーターはたっぷりと使うことがポイント。 量が少ないと綺麗にメイクを落とすことができません。さらに、乾いたコットンの摩擦によって、肌を痛めてしまう原因になるため、コットンはたっぷり液体が浸った状態にしましょう。 あとはコットンで優しく拭き取るだけ。メイクの上にコットンを当て、3秒ほどキープをしてから拭き取った方が、メイクがクレンジングウォーターに馴染みやすく、簡単にオフできます。 擦らなくてもひと拭きでするんとメイクが落ちるので、肌を痛めにくいのが嬉しいですよね。
ウォータークレンジングを使用した後の眉ティントの画像
このような使用方法で眉ティントを落としてみました。 擦ることなくメイクが落ち、コットンもよれていないことが分かります。 さらに水ベースのクレンジングなので、拭き取った後にヌルつきやベタつきがなく、さっぱりとした仕上がりに。 濃いめのメイクも擦らず落とすことができるので、皮膚が薄い目の周りのポイントメイクをオフするにもぴったり。ただし、ウォータープルーフマスカラのように、専用のリムーバーを必要とするようなメイクは完全に落とし切ることが難しいので、注意が必要です。 コットンを使ってオフするので、ポイントでメイクを落としたい場合にも使いやすいアイテムです。 顔全体のメイクを落とす際には、ポイントメイクやパーツごとにメイクを落としてから、最後にしっかりと全体を拭くようにしてメイクを落とすのがおすすめ。

うるおいを守りながらクレンジング

クレンジングといえば、メイクを落とした後の肌のつっぱりが気になる方もいるのではないでしょうか。 モイスチャーウォータークレンジングは、つっぱりを感じることなくメイクオフできます。 その秘訣は、うるおいを守りながらメイク汚れを落としているから。 肌を引き締める成分としてセージ葉エキス、肌のキメを整える成分として乳酸が配合されており、クレンジングをしながら肌を整えることを並行して行うことができます。そのため、肌のうるおいを損ないません。 クレンジング後もしっとりした仕上がりの肌になるので、これまで肌の乾燥を感じていた人にはモイスチャーウォータークレンジングがぴったりです。
モイスチャーウォータークレンジングとコットンの画像

拭き取り化粧水と朝の洗顔への応用も

また、クレンジングウォーターにはメイク落とし以外の役割も。 基本的には汚れを拭き取り落とす働きがあるため、その用法を活用することで様々なシーンでクレンジングウォーターを使用できます。 1つ目は拭き取り化粧水としての使用法。拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔では落とし切ることができなかった肌の汚れを取り除くための化粧水のこと。 このケアを行うことでメイク汚れなどの洗い残しを取り除き、このあとのスキンケアが肌に馴染みやすくなる効果もあります。 2つ目は朝の洗顔替わりに使用する方法。コットンにクレンジングウォーターを出して顔の汚れや皮脂を拭き取るだけで、すぐに化粧水や乳液などのスキンケアに移ることができます。 肌のうるおいが整うので、メイクのノリも良くなりますよ。時短にも繋がるので、忙しい朝のスキンケアにぴったり!
作成日2020.11.14

mihoさんのコラム

もっと見る

関連コラム