二つのボトルが並んている

『無印良品』のスキンケアでもちもち肌に

bookmark_off
しちみ
しちみ
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
『無印良品』のスキンケアアイテムは、”水”に並々ならぬこだわりがあるそう。ベースとなっているのは、岩手県釜石市の洞窟から汲み出された天然水で、涙とほぼ同じpHの超軟水。シンプルながらも機能的なアイテムが揃っています。

1

浸透力をUPさせてくれる「導入化粧液」

2

全身に使用できるサラッとオイル「ホホバオイル」

1

浸透力をUPさせてくれる「導入化粧液」

無印良品 導入化粧液
無印良品のスキンケアアイテムの中でも代表的な存在なのが「導入化粧液」。無香料・無鉱物油・無着色・弱酸性・バラベンフリー・アルコールフリー。うるおい成分として、植物エキスとアンズ果汁を配合しています。 次に使用する基礎化粧品を角質層まで届けやすくし、保湿力を高めてくれる導入液。洗顔したての肌に使用することで、しっかりと潤いを届けることができます。 液自体はサラッとしていて、ベタつく事はありません。肌になじませたあともサッパリとしています。 「導入化粧液」を使用したあとは、次につける化粧水がグングンと浸透していくのが分かります。まるで、肌が化粧水を飲んでいるような感覚です。

2

全身に使用できるサラッとオイル「ホホバオイル」

無印良品 ホホバオイル
砂漠に生える多年草の植物のホホバという植物の種子から搾ったオイルです。 オイルでありながら、肌なじみがよくサラッとした使用感が特徴の「ホホバオイル」。顔、体、髪など全身に使用することができます。 スキンケアとして使用する場合は、全てのお手入れの最後にオイルで蓋をしてあげると保湿力を上げてくれます。 頭皮のお手入れとして使用する場合は、シャンプー前の乾いた髪と地肌に頭皮をマッサージするように塗布すれば、汚れや皮脂を浮かせて頭皮のクレンジングをすることができます。 また、お風呂上がりのタオルドライした髪になじませれば、ドライヤーの熱から髪を守ってくる効果も。 その他にも、スチームパックやフット&ネイルケア、流行りの濡れ感あるウェットヘアにもスタイリング剤代わりにも使用できたりと、非常に万能なオイル。 「ホホバオイル」ひとつで、何通りもの使い道があり楽しむことができます。 さらっとして使い心地で、オイル特有のベタつきが苦手な方も挑戦しやすいです。
作成日2020.11.12

しちみさんのコラム

もっと見る

関連コラム